蟹工船 一九二八・三・一五

小林多喜二 作小林多喜二 作

おい地獄さ行ぐんだで-函館を出港する漁夫の方言に始まる「蟹工船」。小樽署壁の「日本共産党万歳!」という落書きで終わる「三・一五」。小林多喜二(一九〇三‐三三)のこれら二作品は、地方性と党派性にもかかわらず思想評価をこえ、プロレタリア文学の古典となった。搾取と労働、組織と個人…歴史は未だ答えず。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蟹工船 一九二八・三・一五
著作者等 小林 多喜二
書名ヨミ カニコウセン. 1928 3 15
書名別名 Kanikosen. 1928 3 15
シリーズ名 ワイド版岩波文庫 312
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.8
ページ数 272p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-007312-7
NCID BA91390171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21653689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想