人間とは何か

マーク・トウェイン 著 ; 中野好夫 訳

老人と青年の対話の形で書かれたマーク・トウェイン晩年の著作。人生に幻滅している老人は、青年に向かって、人間の自由意志を否定し、人間は完全に環境に支配されながら自己中心の欲望で動く機械にすぎないことを論証する。人間社会の理想と、現実の利己心とを対比させつつペシミスティックな人間観で読者をひきつけてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間即機械・人間の価値
  • 2 人間唯一の衝動-みずからの裁可を求めること
  • 3 その例証
  • 4 訓練、教育
  • 5 再説人間機械論
  • 6 本能と思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間とは何か
著作者等 Twain, Mark
中野 好夫
Mark Twain
マークトウェイン
書名ヨミ ニンゲン トワ ナニカ
書名別名 What is man?

Ningen towa nanika
シリーズ名 ワイド版岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.4
ページ数 180p
大きさ 19cm
ISBN 4000070967
NCID BN08998934
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93051356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想