一般相対性理論

佐藤文隆, 小玉英雄 著

一般相対性理論は、宇宙現象を解析する有力な手法として、あるいは相互作用の統一理論の出発点として、物理学の欠かせぬ基礎をなしている。本書では、宇宙モデル、ブラックホール、時空のダイナミクス、幾何学的な統一理論と重力量子化の試みなどを題材として取り上げ、それらを微分幾何学の手法に重点をおいて解説し、一般相対性理論の構造を体系的に明らかにする。本書で用いた微分幾何学の手法は、物理学の他分野においても今後大いに役立つ場面があると期待される。補章として最近の興味ある研究の中から4次元時空のコンパクト化、低次元重力、ブラックホール形成における臨界現象についても紹介した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 多様体の力学
  • 2 時空多様体
  • 3 時空の対称性
  • 4 一様な宇宙モデル
  • 5 ブラックホール時空
  • 6 時空の動力学
  • 7 統一理論と量子化
  • 補章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一般相対性理論
著作者等 佐藤 文隆
小玉 英雄
書名ヨミ イッパン ソウタイセイ リロン
シリーズ名 現代物理学叢書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.6
ページ数 258p
大きさ 22cm
ISBN 4000067427
NCID BA47513104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想