センダイウイルス物語 : 日本発の知と技

永井美之 著

種が異なる細胞さえ融合させてしまう不思議な力をもつセンダイウイルス。それはウイルス感染の仕組みを解明するうえで巨大な役割を果たしてきただけでなく、がん治療やエイズワクチン開発などのための画期的技術=センダイテクノロジーをも切り拓きつつある。この世界に誇るべき日本発の科学とテクノロジーはいかに生まれ育ってきたのか?この研究の激流に身を置いてきた著者が、セレンディピティーに満ちた発見と創造の過程を生きいきと描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 細胞融合の発見-センダイウイルス表舞台へ
  • 2 "からくり"を解き感染の普遍的原理へ
  • 3 他にも続出、日本人の貢献
  • 4 細胞から個体へ-ウイルス病原性のNDVパラダイム
  • 5 ゲノム解読も日本が先導
  • 6 ポストゲノムは逆遺伝学-リバースジェネティクス
  • 7 麻疹(はしか)ウイルス学のパラダイムシフト
  • 8 センダイウイルス工学の創出と事業化
  • 9 もう一つの技術-センダイウイルスのエンベロープ工学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 センダイウイルス物語 : 日本発の知と技
著作者等 永井 美之
書名ヨミ センダイ ウイルス モノガタリ : ニホン ハツ ノ チ ト ワザ
書名別名 Sendai uirusu monogatari
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.7
ページ数 189, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4000062743
NCID BA77681720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21094860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想