シンプレクティック幾何学

深谷賢治 著

シンプレクティック幾何学はグロモフに始まる概正則曲線を用いた研究によって豊かな内容を持つことが明らかになった。グロモフ以後、飛躍的に発展した大域シンプレクティック幾何学を、ミラー対称性との関係も含めて概説する。岩波講座「現代数学の展開」からの単行本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 緒論
  • 第2章 シンプレクティック幾何学と概正則曲線入門
  • 第3章 運動量写像とシンプレクティック商
  • 第4章 ラグランジュ部分多様体をめぐって
  • 第5章 フレアーホモロジー
  • 第6章 グロモフ‐ウィッテン不変量とミラー対称性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シンプレクティック幾何学
著作者等 深谷 賢治
書名ヨミ シンプレクティック キカガク
書名別名 Shinpurekutikku kikagaku
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 414p
大きさ 22cm
ISBN 4000054627
978-4-00-005462-1
NCID BA87966512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21543858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想