日本経済史  1

梅村又次 [ほか]編

江戸時代とは?日本の近代の産業発展にとって、17‐18世紀にはいったい何が準備され、何が準備されなかったのか。斬新な問題意識と手法により、日本経済史研究に新しい視野を開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概説17‐18世紀(速水融・宮本又郎)
  • 徳川経済の制度的枠組(岩橋勝)
  • 徳川時代の貿易(田代和生)
  • 大開墾・人口・小農経済(斎藤修)
  • 商品生産・流通のダイナミックス(新保博・長谷川彰)
  • 徳川経済の循環構造(宮本又郎・上村雅洋)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済史
著作者等 上村 雅洋
宮本 又郎
岩橋 勝
斎藤 修
新保 博
梅村 又次
田代 和生
速水 融
長谷川 彰
書名ヨミ ニホン ケイザイシ
書名別名 経済社会の成立 : 17-18世紀
巻冊次 1
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.11
ページ数 324, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4000034510
NCID BN02848382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89014173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想