人類学と人類学者

ジェイムズ・L.ピーコック 著 ; 今福竜太 訳

人間社会のあらゆる領域を対象にすえる人類学。本書は、その多岐多様な営みを最新の成果をふんだんに盛り込んでわかりやすく概観し、フィールドワークを探検・布教・スパイ活動などど対照させて魅力的に語りながら、人類学者が何を行い、何を見ようとするのかを生き生きと描き出す。教科書的な項目を排した画期的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 実体(それは現実だ!-文化を眺める
  • 人類学を定義する-全体論的な研究分野
  • 全体を部分に類別化する-分析的構築
  • 文化と経験
  • 自然とのかかわりにおける文化の概念
  • 社会
  • 共同体と文化のエキゾティックな所在
  • 文化と共同体-個人と意味との関連で)
  • 2 方法(旅
  • フィールドワーク
  • フィールドワークとその関連活動
  • 解釈
  • 一般化
  • 個別化と一般化のはざまで-民族誌的一般化
  • 演繹・実験・内省
  • フィールドワーク・民族誌・理論)
  • 3 意味(最も偉大な物語
  • 進化主義的視点と解釈学的視点
  • 現実とどうかかわるか
  • 強い光とソフトフォーカス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類学と人類学者
著作者等 Peacock, James L
Peacock, James L.
今福 竜太
ピーコック ジェイムズ・L.
書名ヨミ ジンルイガク ト ジンルイガクシャ
書名別名 The anthropological lens
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.6
ページ数 262, 16p
大きさ 19cm
ISBN 4000026526
NCID BN02441986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想