原智恵子伝説のピアニスト

石川康子 著

日本人ピアニストの草分けとしてショパンコンクールにはじめて入賞し、戦前戦後を通じて聴衆を魅了、世界から「東洋の奇跡」とまで称えられ、わが国クラシック界で一世を風靡した美貌のそのひとこそ、原智恵子(1914年〜)である。59年にチェロの巨匠、ガスパール・カサドと再婚しておもな活動の場を海外に移してからは、欧米での名声は高まる一方でなぜかその名は日本の音楽界からは次第に消えてしまった。日本人のこころの奥にいまでも響くピアノの余韻だけを残して-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幸運の女神が微笑んだ-一3歳の音楽留学生マルセイユに到着す
  • 第2章 パリからの帰国-日本一の女流ピアニスト凱旋演奏会
  • 第3章 運命の激浪-結婚、終戦、そして破局
  • 第4章 第二の旅立ち-世界に羽ばたくプリマ・ドンナ
  • 第5章 愛の二重奏-運命の出会い、再会
  • 第6章 カサド・コンクール-世界のチエコ、もう一度
  • エピローグ 運命の糸に導かれて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原智恵子伝説のピアニスト
著作者等 石川 康子
書名ヨミ ハラ チエコ デンセツ ノ ピアニスト
シリーズ名 ベスト新書
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2001.12
ページ数 318p
大きさ 18cm
ISBN 4584120307
NCID BA55005798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想