御岳の信仰と登山の歴史

生駒勘七 著

本書の特色は、まずなによりも木曽谷を知悉された著者が能うる限りの文献・銅石像・石碑等のデータを丹念に実見して収録されたことである。客観的に整理された史資料をもとに、われわれは、木曽御岳の特徴である行者の憑霊現象や、霊神碑、女性の登拝習俗などの興味深い事象について、より一層研究方向を深めることができるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 御岳信仰の成立と御岳講
  • 第2章 御岳祭神考
  • 第3章 御岳信仰にみられる霊魂観と霊神碑
  • 第4章 御岳登山史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 御岳の信仰と登山の歴史
著作者等 生駒 勘七
書名ヨミ オンタケ ノ シンコウ ト トザン ノ レキシ
出版元 第一法規
刊行年月 1988.4
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 4474000900
NCID BN02736345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88034155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想