政治哲学へ : 現代フランスとの対話

宇野重規 著

フランスにおける政治哲学の復権の意義を問い、「政治」「デモクラシー」「権力」「人権と市民権」「国制」「共和主義と自由主義」についての新たな理論的地平を開く。さらに日本における政治哲学の可能性をさぐり、その発展をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代フランス政治哲学の位置づけ(現代世界の中のフランス政治哲学
  • 政治哲学復活への道のり)
  • 第2部 諸概念の検討(「政治」から「政治的なるもの」へ
  • 歴史の中のデモクラシー
  • 内向する権力論
  • 人権と市民権の間
  • 新しい国制論
  • 共和主義と自由主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治哲学へ : 現代フランスとの対話
著作者等 宇野 重規
書名ヨミ セイジ テツガク エ : ゲンダイ フランス トノ タイワ
書名別名 Seiji tetsugaku e
シリーズ名 公共哲学叢書 7
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.4
ページ数 220, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4130301330
NCID BA66824961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20696722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想