蟹の縦ばい

吉村昭 著

小説家にとっての憇いとは何だろう。時には横ばいしない蟹のように仕事の日常を逸脱してみたい。だが、少年時代の記憶も旅の光景も酒場での会話も、いつかどこかで作品に結びつく。小説家であることからのがれることは難しい-。真摯な作家の静謐でユーモラスなエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 土竜のつぶやき
  • 蟹の縦ばい
  • 原稿用紙を前に…
  • 味のある風景
  • 逢かな日々
  • 亭主の素顔

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蟹の縦ばい
著作者等 吉村 昭
書名ヨミ カニ ノ タテバイ
書名別名 Kani no tatebai
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.7
ページ数 373p
大きさ 16cm
ISBN 412202014X
NCID BN09823415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94003040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想