ラシーヌとギリシア悲劇

戸張智雄 著

[目次]

  • 目次
  • 序 杉捷夫
  • 序論 ギリシア悲劇の伝統とラシーヌ / 1
  • 第1章 ラシーヌのヘレニズム / 13
  • 第1節 ラシーヌの周辺のヘレニズム / 17
  • 第2節 ラシーヌのギリシア語 / 25
  • 第3節 ラモワニョン邸のギリシア文学論 / 39
  • 第2章 ラシーヌの理論と「ギリシア」 / 44
  • 第1節 17世紀後期の演劇理論におけるヘレニズム / 44
  • 第2節 「ラモワニョンのアカデミー」の悲劇論 / 61
  • 第3節 「恋愛のない悲劇」論とラシーヌ / 75
  • 第3章 ラシーヌの劇作と「ギリシア」 / 93
  • 第1節 ラシーヌ劇周辺のギリシア的主題 / 94
  • 第2節 ラシーヌ劇の「ギリシア」 / 108
  • 第3節 ラシーヌの影響下のギリシア的主題 / 148
  • 結論 / 168
  • 註 / 177
  • 参考書誌 / 235
  • あとがき / 246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ラシーヌとギリシア悲劇
著作者等 戸張 智雄
書名ヨミ ラシーヌ ト ギリシア ヒゲキ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1967
ページ数 248p 図版
大きさ 22cm
NCID BN04681200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想