刑事判決書の研究

島方武夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序論 / 1
  • 第二章 刑事判決書の歷史的研究 / 5
  • 第一節 明治初期 / 6
  • (1)英國公使遭難事件の申渡(明治元年) / 7
  • (2)坂本龍馬暗殺事件の申渡(明治三年) / 8
  • (3)岩倉具視遭難事件の申渡(明治七年) / 9
  • (4)高橋おでんに對する申渡(明治十二年) / 10
  • 第二節 治罪法施行時代 / 12
  • (5)板垣伯遭難事件の言渡書(明治十五年) / 14
  • (6)花井お梅に對する言渡書(明治二十年) / 16
  • 第三節 舊刑事訴訟法施行時代 / 19
  • (7)湖南事件の判決書(明治二十四年) / 22
  • (8)星亨殺害事件の判決書(明治三十四年) / 25
  • (9)原首相殺害事件の判決書(大正十一年) / 36
  • 第四節 新刑事訴訟法施行時代 / 54
  • (10)司法省刑事局長達・判決書樣式(大正十二年) / 58
  • 第三章 刑事判決書の構成 / 77
  • 第一節 前文 / 78
  • (一)表題 / 78
  • (二)被告人の表示 / 79
  • (三)事件名の表示 / 79
  • (四)裁判所の表示 / 79
  • (五)檢事の表示 / 79
  • 第二節 主文 / 80
  • (一)罪名の表示 / 80
  • (二)刑の表示 / 83
  • (三)主文の書き方 / 85
  • 第三節 理由 / 86
  • 第一款 事實上の理由 / 90
  • (一)罪となるべき事實 / 91
  • (二)其他の事實 / 109
  • (イ)犯罪の日時及び場所 / 109
  • (ロ)累犯の加重原因たる前科 / 110
  • (ハ)犯罪物件の價格 / 111
  • (三)事實の判示方法 / 111
  • (四)選擇的認定 / 124
  • (五)事實の同一性(罪名の變更) / 133
  • (六)訴訟關係人の主張 / 160
  • (七)要約的確定 / 172
  • 第二款 證據上の理由 / 175
  • (一)採證の原則一般 / 175
  • (二)證據により認めたる理由の意義 / 185
  • (三)證據說明の方法 / 190
  • 第三款 法律上の理由 / 207
  • 第四章 刑事判決書の作成 / 211
  • 第五章 結論 / 214

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 刑事判決書の研究
著作者等 島方 武夫
書名ヨミ ケイジ ハンケツショ ノ ケンキュウ
シリーズ名 司法研究報告書 ; 第26輯 1
出版元 司法研修所
刊行年月 1939.1
ページ数 218p
大きさ 21cm
NCID BA82940613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80027638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想