空気と人間

奥野久輝 著

[目次]

  • <空気と人間>
  • もくじ
  • 話のはじまり / 8
  • I 昔の人は、空気をどのように考え、どのように利用したか / 10
  • 一 最古の文明國、エジプト=ふいごと帆かけ舟 / 10
  • 二 ギリシァに学問がおこった=空気はすべてのものの根本である / 13
  • 三 アレクサンドリアの科学=空気の力を利用した器械 / 17
  • 四 ローマの文明=空気は一つ-科学はしだいに衰えた / 21
  • II 空気には重さがあるか / 28
  • 一 近代の科学はイタリアから=空気の目方をはかったガリレイ / 28
  • 二 眞空は存在するか=イタリアのトリチェリー / 35
  • 三 山の上の実驗、神は眞空をきらうか=フランスのパスカル / 44
  • 四 マグデブルグの市長と眞空=ドイツのゲーリケ / 50
  • 五 はじめて気体の法則が発見された=イギリスのボイル / 55
  • 六 蒸気機関はどうして生まれたか / 61
  • III いろいろな「空気」の発見 / 67
  • 一 空気は一つ、か / 67
  • 二 新しい「空気」が発見された=若い学生と「固定空気」、「有毒空気」 / 71
  • 三 「燃える空気」とへんくつものの科学者=はじめて水がつくられた / 77
  • 四 貧乏な藥剤師=「火の空気」の発見 / 81
  • IV 燃燒とは、どういうことか / 85
  • 一 フロギストン說 / 85
  • 二 牧師さんと「空気」=「フロギストンのない空気」-酸素の発見 / 90
  • 三 空気の正体をみとどける=ラボァジェの研究-燃燒と空気-空気の組成はどこでも同じか-窒素の役割り / 100
  • V 呼吸とは、どんな働きか / 114
  • ここでもフロギストン說はまちがい / 114
  • VI 生れかわる化学 / 124
  • 一 ラボァジェが新らしい化学の基礎をつくる=古い化学は、もはや成立しない-元素とは何か-化学の言葉-新しい敎科書 / 124
  • 二 フランス革命とラボァジェ=華々しい生涯-うらまれる徵稅人-フランスは科学者を必要としない-断頭台上の最期 / 131
  • VII 人間は空気を知りつくしたか / 138
  • 一 窒素の謎=重い窒素と軽い窒素、かくれていたアルゴン / 138
  • 二 太陽の子=太陽の元素-ヘリウム-空気中の五人兄弟 / 146
  • 三 微量の元素 / 151
  • VIII 空気は何の役にたつか / 156
  • 一 液態空気と低溫の話=零下一八〇度-絶対零度 / 156
  • 二 酸素と文明=酸素吸入-近代產業と酸素-稀有気体も役にたつ / 169
  • 三 人類を救うもの=食糧は大丈夫か-肥料と窒素-無盡藏の窒素-資源を手に入れた / 175
  • さくいん / 188

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 空気と人間
著作者等 奥野 久輝
書名ヨミ クウキ ト ニンゲン
書名別名 Kuki to ningen
シリーズ名 ぼくたちの研究室
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 昭和26
ページ数 194p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45014739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想