韃靼通信

P.フレミング 著 ; 川上芳信 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 原著者序
  • 譯者序
  • 第一部 困難に向つて
  • 一 發端 / 2
  • 二 ヒロイン / 7
  • 三 二人づれ / 13
  • 四 禁制の省 / 18
  • 五 亡命者と武器 / 24
  • 六 惡夢列車 / 35
  • 七 鐵道終點 / 41
  • 八 痙攣的に / 47
  • 九 六盤山 / 55
  • 一〇 禁足 / 63
  • 第二部 命からがら
  • 一 山路 / 76
  • 二 敗北? / 83
  • 三 バラツクに籠城 / 88
  • 四 大喇嘛廟 / 96
  • 五 官僚の手を脫れて / 104
  • 六 慈悲深き人々 / 111
  • 第三部 蒼海へ
  • 一 輕裝 / 124
  • 二 ヅンの王樣 / 130
  • 三 惡魔の湖 / 139
  • 四 キヤラバンは進む / 146
  • 五 風と野性の驢馬 / 156
  • 六 世界の端へ / 166
  • 第四部 無人の國
  • 一 失はれた都 / 178
  • 二 ペイシエンス / 188
  • 三 空しい日々 / 194
  • 四 善き仲間 / 203
  • 五 盲目旅行 / 212
  • 六 ボロデイシン引受ける / 217
  • 第五部 ピクニツクならで
  • 一 ボロン・ゴルの谿谷 / 230
  • 二 迷子 / 238
  • 三 纒頭 / 246
  • 四 誕生日 / 253
  • 五 災難 / 259
  • 六 スラロムに別れを吿げる / 271
  • 七 草、人、ニユース / 283
  • 八 えつちら、おつちら / 293
  • 九 華麗な新世界 / 303
  • 一〇 ユニオン・ジヤツク / 311
  • 第六部 沙漠の道
  • 一 厭な仕事 / 318
  • 二 赤軍手を藉す / 325
  • 三 いかさま師ロシア / 333
  • 四 新しい帝國主義者 / 337
  • 五 車爾成 / 345
  • 六 渴き / 353
  • 七 砂また砂 / 362
  • 八 ケリヤの郭公時計 / 370
  • 九 反亂軍はお構ひなし / 378
  • 一〇 和闐 / 388
  • 一一 消えた首領 / 397
  • 一二 東干領最終の地 / 407
  • 一三 馬上の放浪者 / 415
  • 第七部 世界の屋根
  • 一 『カシユガル温泉』 / 430
  • 二 トルキスタンを翔ける翼 / 439
  • 三 パミルへ / 444
  • 四 支那の最後の町 / 454
  • 五 ロシアの手先 / 463
  • 六 山羊千頭の峠 / 472
  • 七 故國からの便り / 478
  • 八 歡迎攻め / 487
  • 九 サーヒブ / 495
  • 一〇 遂にギルギツト / 503
  • 一一 最終コース / 509
  • 一二 凱歌を奏して / 517

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 韃靼通信
著作者等 Fleming, Peter
川上 芳信
P.フレミング
書名ヨミ ダツタン ツウシン
出版元 生活社
刊行年月 1940
ページ数 521p 図版14枚 地図
大きさ 19cm
NCID BN09391321
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54011070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想