書物のはなし : 語りべから現代の書物まで

庄司浅水 著

[目次]

  • 一、 書物と私たち / 7
  • 書物をたたえることば / 10
  • 書物の少なかったころ / 12
  • 著作の苦心 / 16
  • 二、 昔はどうしてはなしを伝えたか / 19
  • 生きた書物(語り部) / 19
  • はじめの壁画 / 22
  • 絵文字へのあゆみ / 24
  • アメリカ・インディアンの絵文字 / 27
  • 三、 文字のめばえ / 30
  • 象形文字 / 30
  • ロゼッタ・ストーン / 31
  • 楔形文字 / 33
  • フェニキァ文字 / 34
  • ギリシア文字 / 35
  • アルファベットの完成 / 37
  • 漢字と仮名 / 38
  • 四、 紙が発明されるまで / 43
  • 石の書物 / 43
  • 粘土の書物(かわらの本) / 45
  • パピルス紙 / 47
  • 蠟板 / 49
  • パーチメント(羊皮紙) / 50
  • その他の書写材料 / 51
  • 紙の発明 / 53
  • ヨーロッパへの普及 / 54
  • 五、 昔の書物はどんな風にしてつくられたか / 58
  • ローマ時代の書物づくり / 58
  • 僧院の中の写字室 / 60
  • 有名な写本 / 64
  • 東洋の写本 / 65
  • 六、 木版印刷が考えだされた / 70
  • 印刷術の生れなかったわけ / 70
  • 印刷のはじまり / 71
  • 世界最古の現存印刷物 / 73
  • 西洋の木版印刷 / 74
  • 活字版の発生 / 75
  • 七、 活版印刷の発明(印刷が機械化された) / 78
  • ルネサンスの三大発明 / 78
  • ヨハン・グーテンベルク / 80
  • 二十六個の小さな鉛の兵隊 / 84
  • キリシタン版 / 87
  • 本木昌造と邦文鉛鋳造活字 / 89
  • 八、 書物のできるまで / 92
  • だれが書物をつくるか / 92
  • 原稿のつくり方 / 94
  • 印刷の三様式 / 97
  • 九、 造本という仕事 / 101
  • 活字の種類と大きさ / 101
  • 文選と植字 / 102
  • 校正と誤植 / 103
  • 紙型、鉛版 / 107
  • 組みつけと印刷 / 107
  • 紙のはなし / 108
  • 製本の仕事 / 114
  • 十、 書物の扱い方・保存・修理 / 117
  • 書物の扱い方 / 117
  • 書物の保存法 / 120
  • 書物の修理 / 123
  • 十一、 書物をつくる人びとへの感謝 / 127
  • 書物のはんらん / 129
  • どうしてよい本を選ぶか / 131
  • 参考書 / 135
  • あとがき / 138
  • さくいん / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 書物のはなし : 語りべから現代の書物まで
著作者等 庄司 浅水
書名ヨミ ショモツ ノ ハナシ
書名別名 Shomotsu no hanashi
シリーズ名 ぼくたちの研究室
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 昭和30
版表示 改訂版
ページ数 138p 図版
大きさ 22cm
NCID BA32104666
BA3371285X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45014780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想