蒙古社会制度史

ベ・ヤ・ウラヂミルツォフ 著 ; 外務省調査部 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 / 1
  • 學士院會員ベ・ヤ・ウラヂミルツォフの著作自錄 / 9
  • 序論 資料及び參考書の槪說 / 21
  • 第一節 總論 / 21
  • 第二節 蒙古語其他の東洋語の表音及び表音記號について / 27
  • 第三節 資料及び參考書 / 30
  • 第一款 古代(十一-十三世紀) 封建制度の發端 / 30
  • 第二款 中期(十四-十七世紀) 封建制度の興隆 / 46
  • 第三款 近代(十八-十九世紀、二十世紀初頭) 封建制度の崩壞 / 73
  • 第一章 古代(十一-十三世紀)における蒙古人の社會組織 封建制度の發端 / 89
  • 第一節 古代蒙古人の經濟 森林とステップ / 89
  • 第二節 古代蒙古社會の氏族制度 / 119
  • 第一款 氏族 / 119
  • 第二款 氏族の結合と氏族社會の分化 / 152
  • 第一項 隷臣=家臣、奴隷=家僕 / 152
  • 第二項 ステップ貴族制 / 179
  • 第三項 首領=ハアン / 199
  • 第三節 封建關係 / 218
  • 第一款 親兵 / 218
  • 第二款 家臣制 / 241
  • 第三款 封建制度の基礎 / 273
  • 第二章 中期(十四-十七世紀)における蒙古人の社會組織 封建制度の興隆 / 299
  • 第一節 中期の蒙古人とその經濟 / 299
  • 第二節 オトグとチュメン / 314
  • 第三節 封建諸侯 / 332
  • 第四節 封建戰爭 / 354
  • 第五節 ハガンとタイイジ / 367
  • 第六節 封建制度 / 379
  • 第一款 下層諸階級(アルバツー隷民、家僕及び奴隷) / 379
  • 第二款 領侯階級 / 416
  • 第一項 參議の義務(Consilium) / 423
  • 第二項 補佐の義務(Auxilium) / 433
  • 第三項 領侯としての佛敎僧侶 / 439
  • 第三章 近代(十七世紀末乃至十八世紀初頭)における蒙古人の社會組織 / 449
  • 第一節 經濟の變遷 / 449
  • 第二節 政治=社會狀態の變遷 / 458
  • 參考文献 / 463
  • 一 蒙古語の主要資料目錄 / 463
  • 二 ロシア話以外の參考資料及び文献目錄 / 463
  • 三 ロシア語の參考資料及び文献目錄 / 476

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 蒙古社会制度史
著作者等 Vladimirtsov, Boris IAkovlevich
Vladimirt︠s︡ov, B. I︠A︡.
外務省調査部
ベ・ヤ・ウラヂミルツォフ
書名ヨミ モウコ シャカイ セイドシ
書名別名 Moko shakai seidoshi
シリーズ名 調 ; 第54号
出版元 外務省調査部
刊行年月 1936
ページ数 510p
大きさ 22cm
NCID BA3063408X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61003529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想