風流連理[タマツバキ]  中之巻

八文字自笑, 江島其磧 著 ; 稀書複製会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 異見を胸に畳屋伊八が吾妻下り
  • くるわでお名は高松飛切の太夫職
  • 蛙迄小歌をうたふ出口の柳ごし
  • 心づけをするが小判花を打三十両
  • 二 兄弟とはしらぬが仏救ふてやる合力の金
  • 教訓をいふてきかす薬屋の息子万によし
  • 舎兄の心はすき通た粹性の玉つばき
  • くつれの下男を槌でにわかの客あしらい
  • 三 真の粹はそろばん枕に内に寝て花をやる
  • むさしのの月の艶顔繁花のよし原
  • 京から間夫が取ついてゐる金山
  • 太夫が顔みて口説にとつてなげ嶋田

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 風流連理[タマツバキ]
著作者等 八文字屋 自笑
江島 其磧
稀書複製会
八文字自笑
八文字屋 自笑
書名ヨミ フウリュウ レンリ ノ タマツバキ
巻冊次 中之巻
出版元 米山堂
刊行年月 昭12-13
ページ数 3冊
大きさ 17×24cm
全国書誌番号
46070997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想