経済学綱要

ジェームズ・ミル 著 ; 渡辺輝雄 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序
  • 緒論 主題 その範圍 及び區分 / 3
  • 第一章 生産 / 6
  • 第一節 勞働 / 7
  • 第二節 資本 / 14
  • 第二章 分配 / 23
  • 第一節 地代 / 24
  • 第二節 賃銀 / 34
  • 一 賃銀率は人口と、雇傭、換言すれば、資本との比率に依存するといふこと / 36
  • 二 人口の急速なる増加傾向の證明 / 40
  • 三 資本は人口より増加傾向が緩慢であることの證明 / 44
  • 四 資本をその自然の増加傾向より急速に増加せしめるために用ひられる強制的方法は、望ましい効果を生ぜしめないであらうといふこと / 50
  • 第三節 利潤 / 59
  • 第三章 交換 / 77
  • 第一節 貨物の交換より生ずる利益の性質と、それに從事する主たる仲介者 / 77
  • 第二節 諸貨物が相互に交換される分量を決定するもの / 79
  • 第三節 賃銀及び利潤に於ける變動の交換價値に及ぼす影響 / 93
  • 第四節 相互に貨物を交換することが諸國民の利益である場合 / 104
  • 第五節 輸入される貨物が、外國貿易から得られる利益の原因である / 111
  • 第六節 特殊の一貨物の有つ交換手段としての便益 / 114
  • 第七節 貨幣の價値を規制するもの / 116
  • 第八節 貨幣の數量を規制するもの / 119
  • 第九節 二種の金屬を共に本位貨幣として用ひる結果、並びに補助鑄貨を金屬價値以下に使用する結果 / 124
  • 第十節 貨幣代用物 / 128
  • 第十一節 紙幣の使用より生ずる利益 / 131
  • 第十二節 紙幣の使用にとかく伴ひ勝ちな不都合 / 133
  • 第十三節 貴金屬の價値が、一國が輸出するか、輸入するかを決定する / 150
  • 第十四節 輸出を決定する貴金屬、即ち交換手段の價値は、總ての國に於いて同一ではない / 152
  • 第十五節 貴金屬、即ち交換手段が、地球上の諸國民の間に分配される樣式 / 155
  • 第十六節 國際間の貨幣取引 爲替手形 / 159
  • 第十七節 奬勵金及び禁止 / 173
  • 第十八節 植民地 / 183
  • 第四章 消費 / 193
  • 第一節 生産的並びに不生産的消費に就いて / 193
  • 第二節 年々生産されるものが年々消費される / 198
  • 第三節 消費は生産と同範圍であること / 200
  • 第四節 どの樣に政府は消費するか / 217
  • 第五節 地代に對する租税 / 218
  • 第六節 利潤に對する租税 / 225
  • 第七節 賃銀に對する租税 / 227
  • 第八節 所得の凡ゆる源泉に平等に負擔となることを豫定せられている直接税 / 235
  • 第九節 或特殊の貨物に對してか、或は平等に一切の貨物に對してか、課せられる物品税 / 244
  • 第十節 土地の生産物に對する租税 / 249
  • 第十一節 農業者の利潤と農業用具とに對する租税 / 251
  • 第十二節 十分の一税及び救貧税 / 253
  • 第十三節 土地に對するエーカー當りの租税 / 254
  • 第十四節 財産の移轉に對する租税 / 258
  • 第十五節 訴訟税 / 258
  • 第十六節 貨幣及び貴金屬に對する租税 / 259
  • 第十七節 物品課税の貨幣価値及び資本の使用に對する影響 / 264

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学綱要
著作者等 Mill, James
渡辺 輝雄
ジェームズ・ミル
書名ヨミ ケイザイガク コウヨウ
書名別名 Keizaigaku koyo
シリーズ名 古典経済学叢書
出版元 春秋社
刊行年月 昭和23
ページ数 268p
大きさ 19cm
NCID BN10119049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46010537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想