江戸時代之角力 : 一名日本角力史

三木愛花 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前記 / 1
  • 一 角力の起源 / 3
  • 二 相撲節會 / 10
  • 三 節會時代の角力例話 / 20
  • 四 武門時代 / 30
  • 五 鎌倉時代の角力例話 / 46
  • 六 鎌倉以後の角力 / 56
  • 本記 / 71
  • 一 江戶初期の勸進角力 / 71
  • 二 江戶勸進角力の再興 / 82
  • 三 江戶勸進角力の最盛期 / 88
  • 四 土俵と四本柱 / 102
  • 五 土俵上の諸規 / 112
  • 六 待つたの起源 / 115
  • 七 力士名稱 / 117
  • 八 櫓太鼓と觸れ太鼓 / 130
  • 九 片屋 / 134
  • 一〇 しこ名 / 138
  • 一一 犢鼻褌の再說 / 139
  • 一二 諸侯の抱へ力士 / 150
  • 一三 弓取式の起源 / 156
  • 一四 行司 / 166
  • 一五 雜技に引用されたる力士 / 172
  • 一六 江戶時代の六尺以上の力士 / 200
  • 鬼勝象之助 / 206
  • 大木戶團右衞門 / 208
  • 山颪嶽右衞門 / 210
  • 金碇仁太輔 / 210
  • 兩國梶之助 / 211
  • 丸山權太左衞門 / 213
  • 釋迦ケ嶽雲右衞門 / 216
  • 白山新三郞 / 218
  • 大空武左衞門 / 219
  • 生月鯨太左衞門 / 221
  • 白眞弓肥太左衞門 / 223
  • 一七 角力術の原來 / 226
  • 一八 橫綱の起源及その來歷 / 241
  • 一九 歷代橫綱力士傳 / 250
  • 初代 谷風梶之助 / 250
  • 二代 小野川喜三郞 / 266
  • 附記 雷電爲右衞門 / 275
  • 三代 阿武松綠之助 / 283
  • 四代 稻妻雷五郞 / 287
  • 五代 不知火諾右衞門 / 296
  • 六代 秀の山雷五郞 / 298
  • 七代 雲龍久吉 / 301
  • 八代 不知火光右衞門 / 303
  • 九代 陣幕久五郞 / 309
  • 十代 鬼面山谷五郞 / 311
  • 十一代 境川浪右衞門 / 313
  • 十二代 梅ケ谷藤太郞 / 316
  • 十三代 初代西の海嘉次郞 / 320
  • 十四代 小錦八十吉 / 322
  • 十五代 大砲萬右衞門 / 323
  • 十六代 常陸山谷右衞門 / 324
  • 十七代 梅ケ谷音松 / 327
  • 十八代 太刀山峰右衞門 / 329
  • 十九代 鳳谷五郞 / 332
  • 二十代 二世西の海嘉次郞 / 334
  • 二十一代 大錦卯一郞 / 334
  • 二十二代 栃木山守也 / 335
  • 二十三代 三世西の海嘉次郞 / 336
  • 二十四代 常の花寛市 / 336
  • 二〇 歷代大關年表 / 337
  • 二一 安永より嘉永に至るまでの角力番附 / 342
  • 後記
  • 一 明治維新後の角力盛衰 / 396
  • 二 天覽角力 / 407
  • 三 高砂門下の大達梅ケ谷を破る / 416
  • 四 梅ケ谷引退より常陸梅の對峙に至るまでの中間時代の名力士 / 417
  • 五 常陸山と梅ケ谷の對峙 / 420
  • 六 國技館の創立 / 424
  • 七 太刀山駒ケ嶽の對立 / 427
  • 八 出羽の海部屋の勃興 / 429
  • 九 國技館の燒失と九段の興行 / 431
  • 一〇 力士の爭議と國技館の再燒 / 433
  • 一一 日本角力協會の成立 / 436
  • 一二 明治以降の角力番附 / 440

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 江戸時代之角力 : 一名日本角力史
著作者等 三木 愛花
三木 貞一
書名ヨミ エド ジダイ ノ スモウ : イチメイ ニホン スモウシ
書名別名 Edo jidai no sumo
出版元 近世日本文化史研究会
刊行年月 1928
ページ数 23, 517p
大きさ 20cm
NCID BN07515467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54013340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想