ナイチンゲール

吉田絃二郎 著 ; 中山正美 絵

[目次]

  • もくじ
  • 大きな望み
  • あかね色の雲 / 10
  • リー=ハーストの山荘 / 11
  • エンブリーのやしき / 12
  • 春の馬車にのって / 14
  • 花や小鳥にたいする愛 / 16
  • 父と母 / 18
  • 人形の病院 / 20
  • 羊かいと愛犬 / 24
  • 吹雪のなか / 26
  • 老馬とりす / 32
  • フランス、イタリアの旅 / 34
  • もくせいのかおる門 / 36
  • 老学者とはつかねずみ / 40
  • はなやかなイタリアの歌姫 / 43
  • 金のかごの小鳥 / 45
  • あわれな病床をかざる花 / 47
  • 神のみこえ / 51
  • 看護婦をこころざす / 54
  • 夜っぴて看護法をよむ / 57
  • ふたたびイタリアの旅路に / 59
  • 白いばらと赤いばらの花 / 61
  • ひとり悲しみをいだいて海峡をわたる / 65
  • カイゼルスウェルト / 67
  • フリードネル牧師 / 69
  • 静かに戸をたたく者 / 72
  • カイゼルスウェルトの病院 / 74
  • 不幸にうち勝って / 77
  • フローレンスが見たカイゼルスウェルト / 80
  • カイゼルスウェルトにおけるフローレンス / 81
  • パリをたずね、エジプトに旅して / 83
  • ナイチンゲール病院長となる / 86
  • クリミア戦争
  • シドニー=ハーバートの友情 / 91
  • クリミアの戦いはじまる / 94
  • スクタリ病院の惨状 / 97
  • 陸軍大臣ハーバートの手紙 / 99
  • 神によりてつくられたナイチンゲール / 102
  • クリミアの戦雲を思いつつ / 104
  • スクタリの病院 / 108
  • ともしびをかかげた天使 / 113
  • 死んでいく兵士をたすける / 116
  • 兵士の妻を救う / 118
  • 死んでいく尼僧 / 123
  • いばらの道をひらきて / 126
  • 金色の馬にまたがりて / 128
  • セバストポールのとりでに立ちて / 129
  • フローレンス熱病になやむ / 130
  • フランスの老兵とナイチンゲール / 133
  • 少年鼓手トーマスの忠誠 / 136
  • ラグラン将軍のおとずれ / 139
  • セバストポールの陥落 / 146
  • 山の小屋の生活 / 150
  • とり残された兵士の妻 / 151
  • 宝石をちりばめた女王のおくりもの / 152
  • 丘の上の十字架 / 154
  • 人類愛の上に立って
  • スクタリよさようなら / 159
  • なつかしきふるさと / 160
  • しずかな祈り / 161
  • 村のお客たち / 163
  • はたらく人びとへの手紙 / 166
  • おし花は悲し / 169
  • 荒波をきる名舵手 / 171
  • 看護婦の養成 / 173
  • イギリスの病院の欠点を改めさせる / 176
  • アグネス=ジョーンズ嬢 / 178
  • せんたく女の赤んぼう / 182
  • 賤が伏屋 / 185
  • 病をおしてロンドンに行く / 186
  • 兵舎の改築 / 190
  • シドニー=ハーバートの死 / 192
  • 夜あけの空 / 196
  • みつばちのようにいそがしい生活 / 200
  • 赤十字とナイチンゲール / 205
  • イースト=ウィロースの墓地 / 210
  • クレイドンの姉の家 / 212
  • インド派遣軍を救う / 213
  • インド民族の救いの母 / 216
  • 愛の天使、神の国にかえる / 221
  • 解説・日本赤十字社名誉社長 島津忠承 / 226
  • 年表 / 234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ナイチンゲール
著作者等 中山 正美
吉田 絃二郎
書名ヨミ ナイチンゲール
書名別名 Naichingeru
シリーズ名 世界伝記全集 ; 17
出版元 ポプラ社
刊行年月 昭和40
ページ数 238p
大きさ 23cm
NCID BB12552490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45023397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想