シベリアを行く

宮武章三 著

[目次]

  • もくじ
  • はじめに / 1
  • シベリアの中のヨーロッパ-イルクーツク- / 10
  • ウラルを越えて / 10
  • ネオンのある町 / 14
  • 食卓に日の丸の小旗 / 18
  • 入学式にシベリアの花 / 20
  • 生まれかわる古都イルクーツク / 25
  • 「ミヤモトはどうしている?」 / 27
  • 変わりゆくシベリアの市民生活 / 31
  • 豊富なレジャー用品 / 34
  • 宝くじもある自由市場 / 37
  • 女教師ポポワさん宅訪問 / 38
  • 革命の闘士も教会へ / 41
  • めざましい空の交通 / 44
  • 永久凍土の町-ヤクーツク- / 52
  • ヤクート人とみられた報道班 / 52
  • 一メートル半ほれば凍土 / 58
  • 九月上旬にはやくも雪 / 61
  • 交通の動脈レナ川 / 63
  • がまんならない米軍基地 / 70
  • 凍土にみのるリンゴ / 74
  • レーニンが幸福をもたらした / 76
  • 要所要所はロシア人 / 79
  • シベリア開発の心臓部-バイカル工業地帯- / 86
  • 水豊かなるバイカル湖 / 86
  • 今はむなし「フルシチョフの家」 / 90
  • 炭鉱都市チェレンホボヘ / 92
  • 〝アメリカをのぞいて世界一〟 / 94
  • かれんな少女も危険作業 / 98
  • 建設すすむ新興工業都市-ブラーツク- / 101
  • 「黄金の秋」 / 101
  • 世界一の水力発電所 / 103
  • アメリカに追いつき追いこせ / 110
  • 月給はモスクワの二倍以上 / 112
  • モンゴル国境の町-ウラン・ウデ- / 118
  • 草原のなかの工業都市 / 118
  • モンゴルへつづく草原 / 128
  • ススキにねむる六十一柱 / 130
  • 郷愁さそう沿海州-ハバロフスクからナホトカまで- / 135
  • 日本語を恋しがる朝鮮人 / 135
  • 日本海に歓声 / 139
  • 日本の教科書に感心 / 149
  • 海の幸に舌つづみ / 151
  • カラフトの一週間-トヨハラ(ユジノ・サハリンスク)- / 154
  • 秋雨にぬれた日本家屋 / 154
  • 無表情な日本婦人 / 156
  • ふるい顔、あたらしい顔 / 158
  • お寺は映画館に / 165
  • 親日的な朝鮮料理屋のおばさん / 168
  • ふえているサケ / 170
  • アムール川のほとりで-ハバロフスク- / 177
  • アムール川にしずむ夕日 / 177
  • 〝客観的に報道してください〟 / 185
  • そぼくなアムール漁民 / 188
  • ハバロフスクのテレビ局 / 195
  • 《解説》 シベリアについて・宮武章三 / 198
  • <表紙写真>アムール川にしずむ夕日
  • <扉写真>漁業コルホーズの風景

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 シベリアを行く
著作者等 宮武 章三
書名ヨミ シベリア オ ユク
書名別名 Shiberia o yuku
シリーズ名 少年少女20世紀の記録 ; 25
出版元 あかね書房
刊行年月 昭和41
ページ数 208p 図版
大きさ 22cm
NCID BN06090522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45020472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想