弁証法的唯物論前史

タールハイマー, デボーリン 著 ; 佐藤栄 訳

原タイトル: Spinozas Stellung in der Vorgeschichte der dialektischen Materialismus

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯序 / 1
  • はしがき / 1
  • 一 スピノザ時代のオランダにおける階級關係と階級對立(タールハイー) / 3
  • 一 序論 / 3
  • 二 十七世紀の資本主義的模範國 / 10
  • 三 階級、諸政黨、國家 / 27
  • 四 商業ブルジヨアジーの政治的及經濟的綱領 / 39
  • 五 商業ブルジヨアジー、スピノザ哲學の階級的基礎 / 45
  • 二 スピノザの世界觀(デボーリン) / 51
  • 三 ドイツ古典文學に及ぼせるスピノザの感化(タールハイマー) / 113
  • 一 出現前 / 113
  • 二 出現 / 123
  • 三 ヘルテル / 139
  • 四 ゲーテ / 148
  • 註 / 173

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 弁証法的唯物論前史
著作者等 Deborin, A. M.
Deborin, Abram Moiseevich
Thalheimer, August
佐藤 栄
デボーリン
佐藤 榮
タールハイマー
書名ヨミ ベンショウホウテキ ユイブツロン ゼンシ
書名別名 Spinozas Stellung in der Vorgeschichte der dialektischen Materialismus

Benshohoteki yuibutsuron zenshi
出版元 共生閣
刊行年月 昭和6
ページ数 189p
大きさ 19cm
NCID BA43897809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47032678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想