イタリア千一夜

ジョバンニ・アルピーノ 作 ; 鹿島卯女 編 ; ブルーノ・カルーソ 絵

[目次]

  • 第一章 リッチオが、ベルガとピランデルロの親切なすすめにしたがって、シチリアを出発してモンブランに向かう話 / 1
  • 第二章 リッチオが少女カラブリーナの首飾りを手に入れ、オムレツを作らせた話 / 16
  • 第三章 リッチオがプルチネルラと、永遠の主人公ペッシカーネ閣下に出会った話 / 30
  • 第四章 リッチオが象のあとについて行って、ハンニバルに会い、さいころ遊びで彼を負かした話 / 45
  • 第五章 リッチオが、サクラメントの農民たちの、むだには終わったが輝かしい革命に加わった話 / 58
  • 第六章 リッチオが悪い仲間といっしょにローマに着いた話 / 69
  • 第七章 リッチオが、ローマの町を歩き回っていろいろな目に会い、またえらい人物たちに会った話 / 81
  • 第八章 リッチオが、アントニオ・ガスパローニの山賊団に捕われた話 / 102
  • 第九章 リッチオが、カラメルラひょうやグッビオのおおかみをはじめ、いろいろな動物と知り合いになった話 / 112
  • 第十章 リッチオが理髪師で詩人のブルキエルロにお金を盗まれた話 / 125
  • 第十一章 リッチオが、サボナローラ神父のフィレンツェの謝肉祭を見物した話 / 137
  • 第十二章 リッチオが、画家チェンニーノ・チェンニーニの小僧となった話 / 147
  • 第十三章 リッチオが、にぎやかなカルタ遊びを見物し、またランプを持って、マキャベルリのおともをした話 / 153
  • 第十四章 リッチオが、悪魔やダンテを知っている修道士の修道院に滞在した話 / 163
  • 第十五章 リッチオが、エミリア平原の農家チェルビ家の人たちのことを知った話 / 177
  • 第十六章 リッチオが、悪い山師といっしょになって、非常にあぶない目に会った話 / 188
  • 第十七章 リッチオが、パドバにあるガリレオの工場で働いて、お金を三枚もうけた話 / 206
  • 第十八章 リッチオが、たいへんな気違い詩人ガブリエルの気違いじみた家をたずねた話 / 217
  • 第十九章 リッチオが、ピエモンテの山地で戦っているパルチザンのため、使者の役を果たした話 / 229
  • 第二十章 リッチオが、慈悲ぶかい聖コットレンゴに会った話 / 248
  • 第二十一章 リッチオが、アントニオ・グラムシから、どうして町の秘密を発見するかを教わった話 / 264
  • 第二十二章 リッチオが、バルレ・ダオスタに着いて、ピエロ・ゴベッチや「真理病」にかかったたくさんの有名人のことを聞いた話 / 284
  • 第二十三章 リッチオが父親といろいろ相談したり、弟たちに長い手紙を書いたりした話 / 300
  • あとがき-おかあさまがたに-・鹿島卯女 / 309

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イタリア千一夜
著作者等 Arpino, Giovanni
Caruso, Bruno
鹿島 卯女
ブルーノ・カルーソ
ジョバンニ・アルピーノ
書名ヨミ イタリア センイチヤ
書名別名 Itaria sen'ichiya
シリーズ名 かじまのどうわ
出版元 鹿島研究所出版会
刊行年月 昭和41
ページ数 308p
大きさ 23cm
全国書誌番号
45027476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想