日本のくらし

社会科学習研究会 編

[目次]

  • もくじ
  • 一、 日本の国土とくらし
  • 1、 日本のひろさと人口 / 8
  • 2、 衣服のうつりかわり / 11
  • 大むかしの人の衣服 / 11
  • はじめての着物 / 12
  • 古代から平安時代へ / 12
  • 武家時代の着物 / 14
  • 3、 すまいのうつりかわり / 18
  • 大むかしのすまい / 18
  • 寒い地方の家 / 19
  • あつい地方の家 / 20
  • 日本の家 / 21
  • 4、 ゆたかなくらしのために / 24
  • びんぼうな日本 / 24
  • ひんぼう退治 / 24
  • 二、 冬が長く雪の多い地方のくらし
  • 1、 農家の冬じたく / 30
  • 雪がくるまで / 30
  • 2、 雪国のくらし / 42
  • 日本でいちばん寒いところ / 42
  • 東北の村むら / 44
  • 三、 あたたかい土地のくらし
  • 1、 あたたかい土地 / 56
  • 2、 あたたかい土地のさまざまのくらし / 58
  • オランダえんどうをつくる村 / 58
  • 花づくりの村 / 66
  • 塩田の見える丘 / 74
  • 乳牛を飼う村 / 80
  • 四、 広い平地でのくらし
  • 1、 川と平野 / 88
  • 大きな平野はどうしてできたか / 88
  • 盆地はどうしてできたか / 89
  • 大きな町はどうしてできたか / 89
  • 2、 農村のくらし / 90
  • 米づくり / 90
  • ため池とダム / 92
  • こうちせいり / 102
  • やさいをつくる村 / 108
  • アパートの町 / 115
  • 五、 高地でのくらし
  • 1、 谷あいの町や村 / 124
  • けわしい国土 / 124
  • 2、 山村のくらし / 126
  • 材木をきる人びと / 126
  • 材木市場のある町 / 132
  • 学校植林 / 139
  • 3、 高原のくらし / 145
  • 但馬牛 / 145
  • 出かせぎの村 / 154
  • 六、 海べや島のくらし
  • 1、 島のくらし / 164
  • 瀬戸内海の子どもたち / 164
  • 2、 漁村のくらし / 173
  • たいあみのはじまるころ / 173
  • 日本海の漁港 / 185
  • 七、 観光地のくらし
  • 1、 おかあさんの温泉旅行 / 198
  • 2、 高野山にて / 203
  • 奧の院 / 203
  • 高野山のおこり / 205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本のくらし
著作者等 社会科学習研究会
書名ヨミ ニホン ノ クラシ
シリーズ名 保育社の新小学生全集 ; 9
出版元 保育社
刊行年月 昭和35
ページ数 216p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45018571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想