剰余価値学説史 : ディヴィド・リカード  第2巻 第1部

カール・マルクス 著 ; 大森義太郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序 / 1
  • 編纂者序 / 3
  • 第一章 剩餘價値と利潤 / 3
  • 一 リカードの著作の構造 / 3
  • 二 リカードの利潤理論 / 10
  • (a) リカードの價値の説明 / 10
  • (b) 利潤、利潤率、生産價格等に關するリカードの説明 / 13
  • (c) 生産價格と市場價格 / 52
  • (α) リカードの見解 / 52
  • (β) 生産價格と市場價格に關するスミス / 68
  • 三 リカードの剩餘價値の叙述 / 93
  • (a) 剩餘價値と利潤 / 93
  • (b) 勞働の量と勞働の價値 / 107
  • (c) 勞働力の價値と勞働の價値 / 113
  • (d) 剩餘價値 / 118
  • (e) 相對的剩餘價値 / 131
  • 四 利潤率 / 143
  • (a) 利潤の量と率 / 143
  • (b) 一般的な利潤率の形成 / 151
  • 第二章 地代 / 159
  • 一 ロドベルトゥス / 159
  • (a) 農業と工業 / 159
  • (b) ロドベルトゥスにおける問題設定、農業における原料 / 167
  • (c) 價値、生産價格および地代 / 172
  • (d) ロドベルトゥスの地代論の批判 / 196
  • (e) 批判の續き 三つのロドベルトゥスの定式 / 216
  • (α) 第一の定式 / 216
  • (β) 第二の定式 / 220
  • (γ) 第三の定式 / 234
  • (f) 差額地代 / 245
  • (g) 雜 / 260
  • (h) リカードに關するロドベルトゥスの見解 / 273
  • 二 いはゆるリカードの法則の發見の歴史に關する注意 / 288
  • (a) アンダスンとマルサス。ロツシャー / 288
  • (b) 絶對地代と價値理論 / 303
  • (c) 一六四一年から一八五九年にいたる穀物價格の運動 / 307
  • (d) アンダスン地代論 / 316
  • (e) 地代論に關する種々なる著者 / 322
  • 人名索引 / 331

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 剰余価値学説史 : ディヴィド・リカード
著作者等 Marx, Karl
大森 義太郎
カール・マルクス
書名ヨミ ジョウヨ カチ ガクセツシ : ディヴィド リカード
書名別名 Joyo kachi gakusetsushi
巻冊次 第2巻 第1部
出版元 黄土社
刊行年月 1949
ページ数 334p
大きさ 21cm
全国書誌番号
49001745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想