訪古見聖犠倉  第4

葛城理平 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 易字攷
  • 緒論 / 1
  • 易字形義各説 / 3
  • 第一説-蜥蜴説 / 4
  • 第二説-日月説 / 9
  • 第三説-日勿説 / 16
  • 本論-(上)-字形論
  • 第一章 先周時代の易字形 / 19
  • 易字鼎彝銘文 / 20
  • 第二章 説文の三説と〓字 / 25
  • 勿字鼎彝銘文 / 27
  • 第三章 同形類推 / 29
  • 易字鼎彝銘文 / 29
  • 第四章 説文勿字の許注は誤解 / 32
  • 第五章 勿字の古注と其本義 / 34
  • 〔補〕彝銘に見ゆる勿灋二字の誤讀を訂す / 42
  • 〔補〕利字古形の研究と其本義 / 44
  • 〔附〕黎字説 / 47
  • 第六章 〓字羊形の研究と舉證 / 48
  • 月字鼎彝銘文 / 50
  • 第七章 同一器に見得る月易二字と月夕同字の證 / 52
  • 夕字鼎彝銘文 / 56
  • 第八章 漢隸以下に見得る易字の遺意 / 56
  • 漢隸易字訪古 / 57
  • 第九章 字形論の終結 / 67
  • 易字補遺 / 68
  • 本論-(下)-字義論
  • 第一章 上代月光の理學の観察 / 70
  • 第二章 易に自ら賜錫の義あるを見る / 81
  • 第三章 周易の易字義 / 87
  • 第四章 字義論の終結 / 96
  • 肜字攷
  • 第一章 肜字形の異論◇起 / 1
  • 第二章 般代卜版に見ける肜日 / 3
  • 第三章 字音と古實に關する疑問 / 11
  • 第四章 鄭玄と郭璞の誤注 / 16
  • 第五章 肜䑣彤◇の混亂と融字の◇淆 / 24
  • 第六章 肜日とに如何なる祭りなるか / 27
  • 第七章 肜(易)字攷の総結 / 31
  • 附録
  • 易に從へる文字一東 / 34
  • 月に從へる文字一東 / 37
  • 補遺
  • 八卦は月の◇食に象りて成るの説 / 39
  • 三光の文字 / 39

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 訪古見聖犠倉
著作者等 葛城 理平
書名ヨミ ホウコ ケンセイ ギソウ
書名別名 Hoko kensei giso
巻冊次 第4
出版元 先周学会
刊行年月 昭和6-9
ページ数 7冊
大きさ 27cm
NCID BA51132476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46042679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想