プラズマのふしぎ : 第4の物質をたずねて

Б.ホーミン 著 ; 野中昌夫 訳

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • 第一章 プラズマについて語るまえに / 11
  • ミレトスのタレースについての伝説 / 11
  • 《不可分》のもの… / 14
  • 眼に見えないあぜが切られた畑 / 20
  • 第二章 物質の第四状態 / 25
  • 雪の話 / 25
  • 物理学は明らかにする / 29
  • プラズマ-物質の第四の状態 / 34
  • オームの法則はいつも正しいか / 42
  • プラズマはどこにでもある / 50
  • 第三章 気体のなかに電流を流す / 56
  • ウォール博士の火花 / 56
  • ワシリー・ペトロフのアーク(電弧) / 60
  • グロー放電 / 63
  • コロナ放電 / 67
  • 交流電場に発生するプラズマ / 70
  • 科学者はプラズマをどのように征服するか / 74
  • 第四章 科学者たちの貢献とプラズマ / 81
  • ファラデーをたすけたプラズマ / 81
  • マクスウェルが予言し、ヘルツが発見したこと / 86
  • 変人科学者の発見 / 96
  • プラズマによる化学分析法の発明 / 99
  • 《ロシアの太陽》と《エレクトロゲフェスト》の発明者たち / 108
  • 第五章 《ロシアの太陽》のその後の発展 / 114
  • プラズマはなぜ光を出すのか? / 114
  • 電送写真のしくみ / 120
  • 火で書いた文字-ネオン・サイン / 124
  • 確実な信号燈 / 128
  • 数をかぞえるプラズマ / 134
  • むかしなじみ / 138
  • 電燈と経済 / 144
  • プラズマと昼光色電燈 / 151
  • 世界で一番強力な電球-《シリウス》 / 155
  • 試行錯誤ではなく精密な分析で… / 162
  • 一瞬間だけの太陽 / 167
  • 第六章 電気溶接の今日 / 171
  • 金属の布地をプラズマの糸でぬう / 171
  • プラズマを《燃料》にする炉 / 175
  • プラズマの《放水ノズル》 / 179
  • 第七章 働くプラズマ / 187
  • 銅が鋼鉄よりもかたくなるとき / 187
  • 水中の雷 / 192
  • 材料を打ちかためかたい金属をけずるプラズマ / 195
  • 人間のために働く雷 / 199
  • 第八章 化学とプラズマ / 202
  • 空気から肥料をつくりだす / 202
  • 奇跡の変化 / 206
  • 火花から… / 212
  • 第九章 プラズマを利用した各種の機械装置 / 215
  • 巨人整流器とこびと整流器 / 215
  • 宇宙線の粒子をかぞえる方法 / 221
  • 原子核の砲兵隊-粒子加速装置 / 225
  • コロナ放電のとりこ / 231
  • コロナ放電を利用したラウドスピーカー / 236
  • 第一〇章 《双曲線体》がつくられた / 239
  • 励起された原子の複雑な一生 / 239
  • ファブリカント教授の実験 / 245
  • 現代のハイパーボロイド-レーザー / 250
  • ヘリウムとネオンが協力して働く / 258
  • 働きもののレーザーの仲間 / 263
  • 第一一章 現在の中にある未来 / 272
  • 空想を現実へ / 272
  • 制御熱核反応 / 274
  • プラズマ発電機 / 279
  • プラズマ・ロケット / 282
  • 人工の太陽 / 286
  • 訳者あとがき / 291

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 プラズマのふしぎ : 第4の物質をたずねて
著作者等 Fomin, Boris Vasil'evich
野中 昌夫
Б.ホーミン
書名ヨミ プラズマ ノ フシギ
書名別名 Purazuma no fushigi
シリーズ名 少年科学文庫 ; 3
出版元 理論社
刊行年月 昭和42
ページ数 294p
大きさ 20cm
NCID BA84772065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45025131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想