鎌倉室町随筆説話選

栗原武一郎 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 方丈記 / 1~26
  • 一 行く川の流 / 1
  • 二 火出で來たりて / 2
  • 三 辻風 / 4
  • 四 都うつり / 5
  • 五 世の中飢渇 / 8
  • 六 疫病 / 9
  • 七 大ない / 11
  • 八 ありにくき世 / 14
  • 九 日野山の奧 / 16
  • 一〇 閑居の氣味 / 21
  • 一一 一期の月影 / 25
  • 徒然草 / 27~104
  • はしがき / 27
  • 一 いでやこの世に / 27
  • 二 あだし野の露 / 29
  • 三 家居のつきづきしく / 30
  • 四 栗栖野 / 31
  • 五 同じ心ならむ人 / 32
  • 六 しばしの旅立 / 33
  • 七 折ふしの移りかはり / 34
  • 八 飛鳥川の淵瀬 / 37
  • 九 人のなきあと / 38
  • 一〇 念佛の時 / 40
  • 一一 賀茂の競馬 / 40
  • 一二 行雅僧都 / 41
  • 一三 竹の編戸 / 42
  • 一四 榎の僧正 / 43
  • 一五 くさめくさめ / 44
  • 一六 女の鬼 / 45
  • 一七 石清水 / 46
  • 一八 鼎の舞 / 46
  • 一九 久しく隔りて / 48
  • 二〇 道心あらば / 49
  • 二一 大事を思ひ立たむ人は / 50
  • 二二 書寫の上人 / 51
  • 二三 おもかげ / 52
  • 二四 いやしげなるもの / 53
  • 二五 そらごと / 53
  • 二六 今樣の事ども / 55
  • 二七 入りたたぬさましたる / 56
  • 二八 狂人のまね / 56
  • 二九 下部に酒飮ますることは / 57
  • 三〇 道風の朗詠集 / 59
  • 三一 猫又 / 59
  • 三二 一言芳談 / 60
  • 三三 證空上人 / 61
  • 三四 女の物いひかけたる返事 / 62
  • 三五 寸陰 / 64
  • 三六 ぼろぼろ / 66
  • 三七 唐の狗に / 67
  • 三八 人に勞を施さじ / 68
  • 三九 ものに爭はず / 69
  • 四〇 馬のきつ / 70
  • 四一 花はさかりに / 72
  • 四二 家にありたきは / 76
  • 四三 堯蓮上人 / 78
  • 四四 心なしと見ゆるものも / 79
  • 四五 心は事に觸れて / 81
  • 四六 承仕法師 / 82
  • 四七 あらぬ道のむしろ / 82
  • 四八 年老いたる人の / 84
  • 四九 さしたる事なくて / 84
  • 五〇 心得ぬならひ / 85
  • 五一 松下の禪尼 / 90
  • 五二 達人の眼 / 91
  • 五三 蛇の塚 / 92
  • 五四 人の田を論ずるもの / 93
  • 五五 肴の味噌 / 94
  • 五六 大福長者 / 95
  • 五七 人の物を問ひたるに / 97
  • 五八 主ある家には / 98
  • 五九 獅子の立ちやう / 99
  • 六〇 自讃の事七つ / 100
  • 宇治拾遺物語 / 105~160
  • 一 鬼に瘤取らるる事 / 105
  • 二 兒のかい餠するに空寢入したる事 / 110
  • 三 田舍の兒櫻の散るを見て泣く事 / 111
  • 四 金峰山箔打の事 / 112
  • 五 鼻長き僧の事 / 114
  • 六 袴垂合保昌事 / 118
  • 七 虎の鰐を取りたる事 / 120
  • 八 雀報恩事 / 122
  • 九 假字暦あつらへたる事 / 129
  • 一〇 實子にあらざる人實子のよしたる事 / 130
  • 一一 信濃國聖の事 / 136
  • 一二 伴大納言應天門を燒く事 / 144
  • 一三 藏人得業猿澤池の龍の事 / 149
  • 一四 空入水したる僧の事 / 151
  • 一五 穀斷の聖不實露顯の事 / 154
  • 一六 陽成院妖物の事 / 155
  • 一七 慈覺大師入纐纈城給事 / 156
  • 十訓抄 / 161~191
  • 一 餘五大夫の蜂 / 161
  • 二 顯雅卿の言失 / 165
  • 三 俊成卿の娘の連歌 / 166
  • 四 伊成・弘光の相撲 / 167
  • 五 左大臣在衡の恪勤 / 170
  • 六 良秀のよぢり不動 / 172
  • 七 安養尼と強盜 / 174
  • 八 深覺僧正の法藏修理 / 175
  • 九 御堂入道殿の白犬 / 176
  • 一〇 兒屋寺の鐘 / 178
  • 一一 祭主輔親が家の鶯 / 180
  • 一二 左衞門尉行遠の從者 / 182
  • 一三 顯季卿の領地ゆづり / 185
  • 一四 小式部内侍の歌 / 188
  • 一五 九重の塔 / 189
  • あとがき / 190

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鎌倉室町随筆説話選
著作者等 栗原 武一郎
書名ヨミ カマクラ ムロマチ ズイヒツ セツワ セン
出版元 裳華房
刊行年月 昭和4
ページ数 190p
大きさ 20cm
NCID BA36856437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44048283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想