日本文化史  第8巻

魚澄總五郎著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緒論 / 1
  • 第一節 時代の中心 / 1
  • 第二節 京都文化と鎌倉文化 / 6
  • 第三節 應仁文明の大亂と地方の動搖 / 13
  • 第四節 皇室式微論 / 20
  • 第五節 公家權威の失墜、延臣の流離 / 24
  • 第六節 解體の時代 / 31
  • 第二章 社會状態の變調 / 36
  • 第一節 土地制度の變遷 / 36
  • 第二節 徳政 / 48
  • 第三節 階級的反抗氣分、土一揆 / 60
  • 第四節 家族制度の變遷 / 69
  • 第五節 富と權力 / 74
  • 第六節 東山將軍義政 / 78
  • 第七節 享樂時代 / 90
  • 第三章 東山時代藝術の傾向及び佛教の社會化 / 93
  • 第一節 近世支那文明の刺戟、宋學の發達 / 93
  • 第二節 漢畫派の日本化 / 97
  • 第三節 住宅建築の進歩 / 105
  • 第四節 茶の湯林泉の風趣 / 112
  • 第五節 工藝美術と其價値 / 118
  • 第六節 五山文學 / 121
  • 第七節 異國趣味 / 125
  • 第八節 連歌を以て代表せる時代文學 / 130
  • 第九節 猿樂 / 141
  • 第十節 佛教各派の趨勢 / 146
  • 第十一節 一向宗の活躍 / 156
  • 第四章 帝都及び地方の状況 / 164
  • 第一節 應仁前後の京都 / 164
  • 第二節 都市の發達 / 192
  • 第三節 新關の濫設 / 213
  • 第四節 内地商業 / 223
  • 第五章 外國との關係 / 242
  • 第一節 ヨーロッパ人の來航と世界大勢の推移 / 242
  • 第二節 西歐文化の影響 / 251
  • 第三節 日支貿易 / 267
  • 第六章 統一の時代へ / 278
  • 第一節 解體と統一 / 278
  • 第二節 安土桃山時代を經て江戸時代へ、強固なる中央政府の建設 / 282
  • 第三節 近世文化 / 287

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文化史
著作者等 魚澄 惣五郎
魚澄 総五郎
書名ヨミ ニホン ブンカシ
書名別名 室町時代
巻冊次 第8巻
出版元 大鐙閣
刊行年月 大正11
ページ数 298p
大きさ 19cm
NCID BN07819847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43037077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
室町時代 魚澄惣五郎, 魚澄 総五郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想