仏陀

オルデンベルグ 著 ; 木村泰賢, 景山哲雄 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第二章 佛陀の少時 / 149
  • 釋迦 / 149
  • 佛陀は王子に非ず / 154
  • 幼時の結婚 / 155
  • 出家 / 157
  • 探求無益の期間 / 162
  • 生涯の決定的轉機 / 165
  • 第三章 敎化の開始 / 173
  • 四七日 / 174
  • 誘惑史 / 176
  • 苦慮と疑惑 / 181
  • 波羅那斯の說敎 / 185
  • 最初の弟子 / 194
  • 其の後の歸依 / 194
  • 第四章 佛陀の事業 / 205
  • 佛陀の事業 / 205
  • 日常生活 / 209
  • 雨期と歷遊期 / 209
  • 日課 / 220
  • 佛陀の弟子 / 221
  • 信士信女 / 235
  • 女人 / 238
  • 佛陀と毘舍佉との問答 / 243
  • 佛陀の敵 / 247
  • 婆羅門敎 / 248
  • 佛陀の犧牲制度批判 / 250
  • 他の僧團との關係 苦行批判 / 255
  • 佛陀の說敎法 / 259
  • 用語 / 260
  • 說敎と其のスコラ哲學的性質 / 263
  • 歸依史の標本 / 268
  • 問答 / 273
  • 比論と歸納 / 275
  • 譬喩 / 277
  • 寓話と伽話 / 280
  • 詩的格言 / 280
  • 第五章 佛陀の入滅 / 283
  • 第二篇 佛敎の敎理 / 295
  • 第一章 苦諦 / 297
  • 佛敎は苦と解脫との敎へなり / 297
  • 其のスコラ哲學的辨證 / 301
  • 領會の困難 / 303
  • 四聖諦 第一諦と佛敎の厭世觀 / 304
  • 無と苦 / 307
  • 厭世觀の辨證 非我論 / 308
  • 佛敎厭世觀の氣分 / 319
  • 第二章 集諦と滅諦 / 323
  • 因果系の定式 / 323
  • 因果系の第三節 識と色 / 327
  • 羯磨(道德上の應報) / 330
  • 因果系の第四節乃至第十一節 / 334
  • 因果系の第一節と第二節 / 340
  • 無明 / 341
  • 行 / 347
  • 有と遷流 實體と形式 / 354
  • 法と行 / 357
  • 靈魂 / 360
  • 聖者 我涅槃 / 374
  • 此土涅槃 / 377
  • 聖者の死 / 380
  • 涅槃は無か / 381
  • 佛陀とワ゛ッチャゴッタとの對話 / 386
  • 佛陀とマアルンキヤアプッタとの對話 / 390
  • 最終の目的に關する質問の排斥 / 392
  • 此の質問に對する暗默の囘答 ケマアとパセナヂとの對話 / 395
  • サアリプッタとヤマカとの對話 / 398
  • 第三章 道諦 / 405
  • 隣人に對する義務 / 405
  • 正律正定智慧の三學 / 407
  • 禁と戒 / 410
  • 愛と慈悲 / 411
  • 長苦と長生との物語 / 414
  • クナアラの物語 / 418
  • 慈善 / 423
  • ヹッサンタラの物語 / 425
  • 賢兎物語 / 427
  • 自己內心の道德修養 / 429
  • 惡魔魔羅 / 433
  • 聖道の最終階段正定 聖者と佛陀 / 440
  • 第三篇 佛弟子の敎團 / 463
  • 敎團法と法典 / 465
  • 敎團と敎區 入團と退團 / 471
  • 所有 衣服 住居 扶持 / 489
  • 祭式 / 503
  • 尼僧の敎團 / 511
  • 宗敎敎團と俗界 / 438
  • 全篇の註 / 525-699

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仏陀
著作者等 Oldenberg, Hermann
Oldenbourg, Hermann
景山 哲雄
木村 泰賢
オルデンベルグ
書名ヨミ ブッダ
出版元 大雄閣
刊行年月 昭和3
版表示 再版
ページ数 699p
大きさ 22cm
NCID BA90501743
BN10098641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47032506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想