ゲーテの書

ゲーテ 著 ; 逸見広 訳編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 青春 / 3
  • 第一部 / 3
  • 一 優しい姉 / 3
  • 二 舞踏會の夜 / 7
  • 三 憧れ / 10
  • 四 堀拔き井戸の傍で / 12
  • 五 希望と懷疑 / 13
  • 六 戀の魔力 / 14
  • 七 婚約者の到着 / 15
  • 八 ただひと筋 / 18
  • 九 和やかな一日 / 19
  • 十 儚い夢 / 20
  • 十一 焦慮 / 21
  • 十二 美しい心遣ひ / 22
  • 十三 決心 / 23
  • 十四 別れの夜 / 23
  • 第二部
  • 一 廣い世界へ / 30
  • 二 一人の理解者 / 32
  • 三 俗吏の世界 / 32
  • 四 ロツテへの手紙 / 35
  • 五 公使との衝突 / 37
  • 六 ロツテとアルベルト / 38
  • 七 習慣に躓く / 39
  • 八 辭職 / 41
  • 九 放浪の旅へ / 42
  • 十 侯爵邸より / 42
  • 十一 再びロッテへ / 44
  • 十二 情炎 / 44
  • 十三 己れの杯 / 48
  • 十四 餘りにも無邪氣な / 49
  • 十五 弱き者 / 50
  • 十六 不倫な夢 / 51
  • 十七 危期迫る / 52
  • 十八 ロツテへの遺書 / 53
  • 十九 死の瞬間 / 55
  • 美しい魂 / 58
  • 一 運命の先觸れ / 58
  • 二 トーアス王の求婚 / 64
  • 三 奇しき邂逅 / 70
  • 四 迫る危險 / 77
  • 五 淨い心 / 80
  • 六 王の惱み / 84
  • 七 美しい魂 / 85
  • 八 別れも悲し / 91
  • 運命の女 / 97
  • 一 リユーデイエの追放 / 97
  • 二 終夜馬車を驅る / 99
  • 三 テレーゼとの初對面 / 102
  • 四 テレーゼの告白 / 104
  • 五 殘光 / 116
  • 人生 / 121
  • 人生箴言 / 121
  • 努力の本質 / 124
  • 讀書と實生活 / 127
  • 時は待たない / 127
  • 不幸な放浪者の話 / 132
  • 父親の感情 / 135
  • 故郷 / 139
  • フアウストの嘆き / 142
  • 貪しき者の幸福 / 144
  • 結婚 / 146
  • 或る日記から / 147
  • 社會的上席と人間的上席 / 149
  • 「黄金時代」 / 150
  • 或る寓話 / 151
  • 夜の歌 / 152
  • 人と運命 / 155
  • プロメトイス / 155
  • 己を拓くもの / 159
  • 偶然と必然 / 161
  • 人と性格 / 163
  • 厭な男 / 165
  • 精神病に就て / 167
  • 靜かな諦め / 169
  • 活動的な生活の祝福 / 171
  • 悦ばしき理解 / 172
  • 道徳と教育 / 188
  • 或る日記から / 188
  • 不機嫌に就いて / 192
  • 反省 / 194
  • 己れの道 / 195
  • 善惡に關する對話 / 196
  • 教へる者 / 201
  • この人生 / 203
  • 道徳の修業 / 205
  • 日記に就いて / 205
  • 五月の歌 / 207
  • 自然美に就いて / 210
  • 第一印象 / 210
  • 印象と習慣 / 211
  • 幼きもの / 213
  • 愛惜 / 214
  • 模倣の幸福 / 215
  • 教育の基本 / 216
  • 戀愛に就いて / 223
  • 戀の歡喜 / 223
  • 乙女心 / 226
  • 幸福と夢 / 226
  • 意る日記から / 227
  • 若きウェルテルの惱みから / 229
  • 危機を救ふ / 230
  • 婦人と婚約 / 233
  • 愛人の傍 / 234
  • 愛情無限 / 236
  • 靜かなる愛 / 240
  • 悲しい戀 / 244
  • 新社會建設の理想 / 252
  • すすめる言葉 / 252
  • 理想社會の建設プラン / 260
  • 新社界へ / 266
  • 學藝一般 / 276
  • 愛護者達に / 276
  • 藝術家の歌 / 277
  • 文學の作爲と効果 / 280
  • 最高藝術の諸條件 / 282
  • ディレッタンティズムに就て / 284
  • 建築藝術 / 287
  • 音樂に就いて / 289
  • 彫刻と繪畫 / 291
  • 肖像畫と肖像畫家 / 292
  • 小説と戯曲の相違點 / 293
  • 舞臺稽古に就いて / 295
  • 演劇と俳優 / 295
  • 俳優の惡徳に就いて / 297
  • シェークスピーアの比喩 / 300
  • 文學と人間性 / 300
  • 歴史家の義務 / 301
  • 讀書に就いて / 301
  • 詩に於ける個別性と普遍性 / 302
  • ユーモアに就いて / 302
  • 童話・小説・戯曲・飜譯 / 303
  • 藝術と宗教 / 303
  • 藝術家の禀性に就て / 304
  • 民族と表現の獨自性 / 305

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゲーテの書
著作者等 Goethe, Johann Wolfgang von
逸見 広
ゲーテ
書名ヨミ ゲーテ ノ ショ
書名別名 Gete no sho
出版元 金星堂
刊行年月 昭和17
ページ数 305p
大きさ 19cm
NCID BN08386166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46029298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想