学倉篇  第7・8巻

葛城理平 著

[目次]

  • 目次
  • 上代作暦法
  • 第一章、 考工記匠人建國の條を讀む / 1
  • 其一 癸字攷 / 1
  • 其二 槷及臬字攷 / 20
  • 其三 縣字攷 / 42
  • 其四 ◇字攷 / 52
  • 第二章、 上代作暦の古法を推攷す / 77
  • 其一 日景記識の古法に關する諸家の説 / 77
  • 其二 鄭注の景端連記法と林喬蔭の七衡六間説 / 80
  • (圖)爲規識景の図 / 81
  • 其三 湯若望所制の晷器と◇髀 / 90
  • (圖)湯若望所制日晷
  • 其一 / 91
  • 其二 / 92
  • (圖)臬影の頂點を連ねて得たる晷圖 / 95
  • 中字攷 附忠字
  • 第一章、 午字甲表第三形◇に就きての研究 / 1
  • 其一 説文上下通の説と其誤解を訂す / 1
  • 其二 中字に關する疑問 / 7
  • 第二章、 ◇字攷 / 9
  • 第三章、 中字の正形と其本義 / 16
  • 其一 天測の古法を圖として得たる中字の正形 / 16
  • (圖)中字の圖象 / 17
  • 其二 中字の本義 / 18
  • 第四章、 忠字攷・附忡字 / 34
  • 第五章、 考工記匠人建國の條を讀了す / 39

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 学倉篇
著作者等 葛城 理平
書名ヨミ ガクソウヘン
書名別名 Gakusohen
巻冊次 第7・8巻
出版元 先周学会
刊行年月 昭和8
ページ数 104, 46p
大きさ 27cm
全国書誌番号
44036121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想