第二次大戦後における憲法の傾向  1 ~ 5

自主憲法期成同盟[編]

この本の情報

書名 第二次大戦後における憲法の傾向
著作者等 Friedrich, Carl J.
Loewenstein, Karl
Neumann, Robert G.
小林 昭三
自主憲法期成同盟
AL:Dunner, Joseph
Lewis, Edward G.
書名ヨミ ダイ2ジ タイセンゴ ニ オケル ケンポウ ノ ケイコウ
書名別名 Constitutional documents of East-Central Europe

Stabilization of the cabinet system in Western Europe

The political theory of the new democratic constitution

The position of representative legislature in the postwar constitution

Reflections on the value of constitutions in our revolutionary age
シリーズ名 資料
巻冊次 1
2
3
4
5
出版元 自主憲法期成同盟
刊行年月 195-?
ページ数 5冊
大きさ 25cm
NCID BA44742160
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1:革命的現代における諸憲法の価値に関する省察 カール・レーヴェンシュタイン
3:戦後憲法における代表議会の地位 エドワード・G・ルイース
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想