ハイネの橋

中野重治 著

[目次]

  • 口で話した話-前書きにかえて- / 1
  • 芥川賞の歴史の一こま / 10
  • 詩人としての河上肇博士について / 30
  • 清潔な性格 / 40
  • 啄木研究のひろがり / 43
  • 鷗外のすがた / 62
  • 宮本百合子の戦時中の社会評論について / 68
  • 「海に生くる人々」の言葉 / 96
  • 美しい日本語とただの日本語 / 123
  • ハイネの橋 / 157
  • 「両地書」と「十二年の手紙」とについて / 177
  • 光太夫、ゴンチャロフ以来 / 201
  • 小林多喜二の一面 / 212
  • ささやかな記憶 / 226

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ハイネの橋
著作者等 中野 重治
書名ヨミ ハイネ ノ ハシ
書名別名 Haine no hashi
出版元 村山書店
刊行年月 1957
ページ数 234p
大きさ 19cm
NCID BN05933998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57008750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想