年刊多喜二・百合子研究  第2集

多喜二・百合子研究会 編

[目次]

  • アメリカ通信・宮本百合子 / 6
  • 私の歩いた途・江口渙 / 50
  • 日本における社会主義リアリズム論争・近藤宏子 / 73
  • 初期改作過程に示唆されるもの・小原元 / 93
  • 『転形期の人々』についての断片的感想・壺井繁治 / 109
  • 『一九二八年三月十五日』の描写について・金達寿 / 122
  • 『党生活者』をめぐっての感想・西野辰吉 / 130
  • 一つの疑問・佐藤静夫 / 139
  • 宮本百合子の戦時中の社会評論について・なかのしげはる / 150
  • 宮本百合子と近代日本文学・大久保和子 / 172
  • 多喜二を越え、百合子を越え・中島健蔵 / 190
  • 宮本百合子の詩と短歌について・松本悦治 / 194
  • あとがき / 217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 年刊多喜二・百合子研究
著作者等 多喜二百合子研究会
書名ヨミ ネンカン タキジ ユリコ ケンキュウ
書名別名 Nenkan takiji yuriko kenkyu
巻冊次 第2集
出版元 河出書房
刊行年月 1955
ページ数 218p
大きさ 19cm
NCID BN11492117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57006284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想