荒川熊蔵

玉田玉秀斎 講演 ; 関西速記協会員 速記

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 加藤主計頭淸正阿蘇ヶ嶽の大狩倉 / 1
  • 二 淸正公山中に怪童を見る / 10
  • 三 荒川熊藏の生立ち加藤家の臣となる / 20
  • 四 荒川熊藏二十四將の一人となる化物退治 / 29
  • 五 荒川熊藏初陣の功名鬼の異名を取る / 38
  • 六 伏見桃山城内玄關先の爭論 / 48
  • 七 大谷の臣湯淺悟助朋友の意恨を晴す / 57
  • 八 荒川熊藏湯淺悟助を庇護い武勇を示す / 67
  • 九 荒川熊藏淸正公を凹ます / 78
  • 一〇 熊藏鬼の淸澄横紙破りの異名を取る / 87
  • 一一 朝鮮征伐荒川熊藏の奮鬪 / 97
  • 一二 熊藏貴田孫兵衛と先陣を爭ふ / 105
  • 一三 阿波鳴門荒川熊藏小西攝津を威かす / 118
  • 一四 加藤淸正の閉門荒川熊藏の活動 / 125
  • 一五 伏見桃山の大地震、地震加藤の働き / 135
  • 一六 蔚山の籠城荒川熊藏大明勢を驚かす / 146
  • 一七 太閤薨去熊藏德川の豪傑を手玉に取る / 156
  • 一八 荒川熊藏僞つて二十四將を怒らす加藤家浪人 / 166
  • 一九 熊藏清澄黒田家に乗込む / 175
  • 二〇 黒田八虎荒川熊藏に惱まさる / 186
  • 二一 黒田甲斐守熊藏に取つて投げらる / 195
  • 二二 熊藏淸澄細川家に乘り込む / 206
  • 二三 細川と德川の關係豊臣七將の去就 / 215
  • 二四 貞女淺茅細川越中を勵ます / 224
  • 二五 淺茅二子を殺して自害す / 239
  • 二六 荒川熊藏細川の豪傑を震駭せしむ / 243
  • 二七 熊藏毛利の豪傑井上五郎兵衛を驚す / 254
  • 二八 荒川熊藏山賊を退治て町人を救ふ / 263
  • 二九 鬼の淸澄岩國屋金右衞門の用心棒となる / 274
  • 三〇 熊藏後藤又兵衞塙團右衛門に會す / 282
  • 三一 鬼の淸澄廣島城下を騒がす / 293
  • 三二 廣島城内の活劇熊藏正即公を取挫く / 303
  • 三三 住吉神社境内熊藏大野治長を懲す / 312
  • 三四 大阪夏の陣荒川熊藏の大奮闘 / 321
  • 三五 熊藏單騎關東百萬の大軍を惱す / 329
  • 三六 幸村智謀を以て飛龍太郎左衞門の陰謀を妨ぐ / 338
  • 三七 飛龍太郎左衞門鹿兒島本城に亂入す / 347
  • 三八 荒川熊藏飛龍太郎左衛門を召捕る / 356
  • 三九 熊藏格太郎を連れて仇討出立 / 365
  • 四〇 大阪城外荒川熊藏の活劇 / 374
  • 四一 荒川熊藏仙臺に乘込仇討訴状を差出す / 382
  • 四二 小十郎伊達式部と口論に及ぶ / 393
  • 四三 格太郎首尾よく父の敵飛龍太郎左衞門を討取る / 403
  • 四四 眞田大助荒川熊藏等關東へ下向 / 413
  • 四五 廣島城下の大活劇熊藏武勇を揮ふ / 422
  • 四六 大助熊藏の江戸乘込大助上野介を凹ます / 432
  • 四七 將軍家の面前に大助辯を揮ふ / 442
  • 四八 名家豊臣家滅ぶ大團圓 / 451

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 荒川熊蔵
著作者等 玉田 玉秀斎
玉田 玉秀齋
関西速記協会
関西速記協会員
関西速記協会員 速記
書名ヨミ アラカワ クマゾウ
書名別名 Arakawa kumazo
シリーズ名 長編講談文庫 ; 第16編
出版元 博多成象堂
刊行年月 大正7
ページ数 457p
大きさ 19cm
NCID BB11020419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42008080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想