プルターク英雄伝

プルターク 著 ; 前田晁 訳 ; 沢井一三郎 絵

[目次]

  • 目次
  • 序說 古代ギリシヤ
  • 第一 テセウス(大昔のアテネの英雄王) / 15
  • 初旅の冐險 / 15
  • クリート島の怪物 / 23
  • アテネの民主政治 / 28
  • アマゾン女族とピリトウス / 31
  • 不運な晩年 / 34
  • 第二 リコルゴス(スパルタの立法者) / 38
  • 王にならずにスパルタを去る / 39
  • 歸國して法律をつくる / 41
  • 子供たちの剛健敎育 / 49
  • 戰時のスパルタ人 / 52
  • 永久にスパルタを去る / 54
  • 第三 ソロン(アテネの政治家で立法者) / 58
  • 七賢人の一人 / 58
  • サラミス島の領有 / 64
  • 王とならずに執政官となる / 67
  • 法律をつくりかへる / 71
  • 十年間の旅と晩年 / 77
  • 第四 テミストクレス(アテネの將軍で政治家) / 84
  • 少年時代から偉大を夢む / 84
  • ペルシヤに對する戰備 / 89
  • サラミスの海戰 / 94
  • 慢心から市民の反感を招く / 99
  • 流浪のはてに舊敵ペルシヤ王にたよる / 104
  • 第五 アリスチデス(アテネの政治家で將軍) / 110
  • 常に正義のために戰ふ / 110
  • 貝殼追放の前後 / 115
  • マルドニウスの挑戰 / 121
  • プラテーエーの戰 / 125
  • アリスチデス正義者 / 131
  • 第六 ペリクレス(アテネの政治家) / 134
  • 靑年時代の修養 / 134
  • 貴族黨と人民黨 / 138
  • 公共建物の建設 / 141
  • アテネの獨裁者となる / 145
  • 軍事統師者としての功績 / 146
  • ペロポネスス戰爭が起る / 152
  • 第七 アルキビヤデス(アテネの政治家で將軍) / 158
  • アテネの寵兒 / 159
  • 人民黨の首領となる / 167
  • シシリー島の遠征 / 171
  • 敵國のために謀る / 175
  • 再びアテネの將軍となる / 178
  • 光榮の極から悲しき最期へ / 181
  • 第八 アレクサンドル大王(マケドニヤ王で世界征服者) / 187
  • 少年時代とその修養 / 188
  • 二十歲で王位をつぐ / 192
  • ペルシヤ征討の途にのぼる / 199
  • 大いに勝つてアジヤ王と名乘る / 207
  • カスピ海の南岸から印度へ入る / 214
  • 歸途バビロンで俄かに死す / 220

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 プルターク英雄伝
著作者等 Plutarchus
前田 晁
沢井 一三郎
プルターク
書名ヨミ プルターク エイユウデン
出版元 京屋出版社
刊行年月 昭和23
ページ数 227p
大きさ 19cm
全国書誌番号
45012121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想