音響実験及び測定法

栗原嘉名芽, 小幡重一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇
  • 第一章 音響に關する用語に就いて / 3
  • 1 術語の正確化の必要 / 3
  • 2 基本的用語 / 3
  • 第二章 速度及び波長 / 8
  • 3 音波の速度の式 / 8
  • 4 速度及び波長の測定 / 11
  • 第三章 振動數 / 20
  • 5 音の記號と振動數 / 20
  • 6 振動數の測定(槪說) / 22
  • 7 サイレン / 23
  • 8 モノコード / 24
  • 9 音叉 / 26
  • 10 音叉の振動數の測定 / 28
  • 11 鋼棒 / 32
  • 12 標準笛 / 32
  • 13 共鳴器 / 34
  • 第四章 音の强さ / 38
  • 14 音の强さ / 38
  • 15 測定裝置 / 39
  • 16 水中音の强さの測定 / 46
  • 第五章 反射,屈折,透過,吸收 / 53
  • 17 音響インピーダンス / 53
  • 18 反射率,吸音率,損失率等 / 55
  • 後篇
  • 第六章 序說 / 59
  • 19 音響測定の精度 / 59
  • 20 音の强さと音源の出力 / 60
  • 第七章 測定用音源 / 62
  • 21 眞空管發振器 / 62
  • 22 擴聲器 / 64
  • 23 擴聲器の試驗 / 67
  • 第八章 音響の分析 / 70
  • 24 總說 / 70
  • 25 音響分析の諸法 / 71
  • 第九章 マイクロフォン / 85
  • 26 總說 / 85
  • 27 ライス型炭素マイクロフォン / 85
  • 28 蓄電器マイクロフォン / 87
  • 29 可動綫輪マイクロフォン / 91
  • 30 リボン・マイクロフォン,速度マイクロフォン或は壓力傾度マイクロフォン及びバンド・マイクロフォン / 94
  • 31 結晶マイクロフォン / 100
  • 32 熱線マイクロフォン / 103
  • 33 小形マイクロフオン / 105
  • 34 マイクロフォンの較正 / 106
  • 35 マイクロフォンに於ける廻折現象及び窪み效果 / 109
  • 第十章 音の强さ,高さの測定竝に直示 / 111
  • 36 音の强さの單位及び基準,デシベル / 111
  • 37 音の强さの測定,音位計 / 112
  • 38 音の高さの測定 / 114
  • 39 音の高さの電氣的標準 / 116
  • 40 音の强さ及び高さの直示 / 117
  • 41 衝擊値の測定 / 120
  • 第十一章 騷音の測定 / 124
  • 42 總說 / 124
  • 43 音の强さと大さとの關係 / 124
  • 44 騷音の測定方法,騷音計 / 127
  • 45 騷音測定の精度 / 135
  • 46 騷音の大さを表はす各種單位の間の關係 / 136
  • 第十二章 建築音響 / 139
  • 47 殘響時間及びその公式 / 139
  • 48 殘響時間の測定方法 / 141
  • 49 吸音率 / 144
  • 50 吸音率の測定 / 148
  • 51 吸音率測定の精度 / 150
  • 52 隔壁に依る遮音效果の測定 / 151
  • 53 隔壁に依る遮音效果の計算 / 153
  • 54 無響室の設計及び性能の測定 / 155
  • 索引 / 159

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 音響実験及び測定法
著作者等 小幡 重一
栗原 嘉名芽
書名ヨミ オンキョウ ジッケン オヨビ ソクテイホウ
書名別名 Onkyo jikken oyobi sokuteiho
出版元 河出書房
刊行年月 昭和17
ページ数 163p
大きさ 22cm
NCID BN0441671X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46035532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想