ゲシタルトの問題と学説  第6輯

佐久間鼎 [著]

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 音聲考察の緖相
  • §1 音聲現象とその發生 / 1
  • §2 音聲硏究の出發と目標 / 6
  • §3 音聲硏究の分擔と協同 / 9
  • §4 科學的硏究の沿革 / 15
  • 第二章 音聲科學の體制
  • §5 音聲學の成形理論と應用 / 21
  • §6 言語の科學 / 26
  • §7 國語の科學 / 30
  • §8 音聲科學の題目 / 34
  • 第三章 言語發達と音聲
  • §9 言語と音聲 / 41
  • §10 表出の意義 / 48
  • §11 動物の發音 / 50
  • §12 人聲の誕生 / 54
  • 第四章 音聲から言語へ
  • §13 音響の模倣擬聲語 / 59
  • §14 事象の描寫擬態語 / 64
  • §15 音聲的描寫の可能性 / 67
  • 第五章 音聲の體感
  • §16 相好的把捉 / 73
  • §17 音聲の風味 / 76
  • §18 命名と音聲 / 81
  • §19 感性の照應 / 86
  • 第六章 語音の現象的特性
  • §20 母音の明暗 / 91
  • §21 淸濁の區別 / 93
  • §22 / 96
  • 第七章 振動と"おと"
  • §23 振動觸感性 / 101
  • §24 振動聽感性 / 105
  • §25 母音性の問題 / 110
  • 第八章 音韻の認識
  • §26 音韻の體系 / 115
  • §27 音韻學の立場 / 118
  • §28 音韻のずれ / 123
  • 第九章 アクセントの認識
  • §29 音聲の成態 / 131
  • §30 日本語のアクセント / 155
  • §31 音成態としてのアクセント / 140
  • 第十章 言語の發生
  • §32 言語の起源の問題 / 147
  • §33 動物における言語 / 149
  • §34 / 155
  • §35 音聲言語の發現 / 162
  • 第十一章 兒童の言語發達
  • §36 言語への準備 / 167
  • §37 發達の緖段階 / 171
  • §38 理解と表現 / 175
  • 第十二章 言語における表出
  • §39 情意活動と發聲 / 181
  • §40 言語と表情音聲 / 183
  • §41 日本語の心理的表出 / 186
  • 附錄
  • I 音聲の音響學的構造 / 203
  • II 音聲言語と"表情音聲" / 239
  • III 言語の原理的考察への一途 / 263
  • IV 指示の場の言語理論 / 277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゲシタルトの問題と学説
著作者等 佐久間 鼎
書名ヨミ ゲシタルト ノ モンダイ ト ガクセツ
書名別名 音声と言語 : その心理学的研究
巻冊次 第6輯
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 昭和14
ページ数 289p
大きさ 22cm
NCID BN08673361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46051138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想