栃尾郷大水害誌

大竹末吉 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 槪觀編
  • 一 編纂者の懷抱 / 1
  • 二 監修者の感想 / 7
  • 三 史的に觀たる栃尾郷水害の今昔 / 13
  • 四 大洪水の起因と其の對策とに於ける刈谷田川水源地域の考察(栃堀より上流) / 37
  • 五 本書の組織體系と其の質量及び限度 / 48
  • 出水編
  • 一 大洪水の起因に關する新潟測候所報告 / 52
  • 二 出水の系統的秩序的記述と最初の受難者たる栃堀部落 / 59
  • 三 第一着に犧牲となりし栃堀の慘狀及び其の下流の實况 / 63
  • 四 水の侵掠軍は愈々栃尾町を占領す / 72
  • 五 御眞影を流失したる栃尾小學校の苦境 / 95
  • 六 栃尾農商學校被害の狀况 / 109
  • 七 交通、通信、照明諸機關の直面的全滅と又々脅威し來る暴雨 / 117
  • 八 栃尾町遭難者の哀話慘話と幸運者の奇談 / 125
  • 九 下流地域の情景を一括す / 137
  • 十 傍系の第一たる鹽谷川流域の被害 / 140
  • 十一 傍系の第二たる大布川流域の被害 / 145
  • 十二 出水編の結末に臨んで / 149
  • 附記八月十八日再度の出水驚慌 / 153
  • 救護編
  • 一 救護の經路は先づ己れ自ら救ふに出發す / 156
  • 二 死線突破の二人者と十名決死隊の壯烈 / 194
  • 三 豐富潤澤なる物資の供給と勇敢敏活なる勞力の奉仕 / 204
  • 四 勞力奉仕と物資供給とに關する數字的表示 / 239
  • 復興編
  • 一 復興とは抑も何を意味するか / 298
  • 二 復興問題は未知數なる故に有望なり / 313
  • 雜纂編
  • 一 善を行ふに勇なりし義人の表彰 / 331
  • 二 各人各別の色彩を發揮する感想談 / 343

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 栃尾郷大水害誌
著作者等 大竹 末吉
書名ヨミ トチオゴウ ダイスイガイシ
書名別名 Tochiogo daisuigaishi
出版元 栃尾郷大水害誌
刊行年月 昭和3
ページ数 469p 図版57枚
大きさ 20cm
全国書誌番号
47012190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想