戦記名著集 : 熱血秘史  第6巻

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 血書 / 315
  • 二 電報 / 319
  • 三 殺氣場に滿つ / 320
  • 四 名殘の鯨飮 / 322
  • 五 意外!意外! / 327
  • 六 自殺せんとする危機一髮 / 333
  • 七 胸を刺さるゝ如き喇叭の音 / 338
  • 八 進級よりも從軍したい / 339
  • 九 出發前日の哀別離苦 / 341
  • 一〇 留守第三旅團長の激勵 / 344
  • 一一 嗚呼是れが故國の見納か / 348
  • 一二 拾錢で喜ぶ捕虜の顏 / 352
  • 一三 宛然非人小屋 / 356
  • 一四 牛肉の雜炊 / 360
  • 一五 生命よりも貴い一杯の水 / 363
  • 一六 虱征伐の滑稽 / 366
  • 一七 生きたポンチ繪 / 368
  • 一八 掩蓋を被つて前進す / 370
  • 一九 勇敢なる長坂伍長の戰死 / 372
  • 二〇 壯烈又壯烈 / 378
  • 二一 新年の第一日 / 383
  • 二二 旅順の開城 / 384
  • 二三 予が露兵との握手は右翼軍中でイの一番 / 386
  • 二四 旅順攻圍軍の光輝 / 392
  • 二五 壯快なる旅順入城式 / 394
  • 二六 靑天井の酒宴 / 396
  • 二七 死屍累々たり二〇三高地 / 400
  • 二八 雪を分けて屍搜索 / 404
  • 二九 博愛主義の露看護婦 / 406
  • 三〇 喜劇葡萄酒の戰死 / 408
  • 三一 樂しい嬉しい故國の音信 / 413
  • 三二 陣中の芝居見物 / 417
  • 三三 北進 / 419
  • 三四 田義屯の激戰 / 421
  • 三五 敵の捕虜となる / 426
  • 三六 幾度か死し幾度か生く / 430
  • 三七 凡百の神を心念す / 433
  • 三八 六百米突を遁るゝに七時間を費す / 435
  • 三九 悲慘中の悲慘 / 439
  • 四〇 父は征旅に倒れ兒は飢に泣く / 444
  • 四一 後送途中の軍醫の失敗 / 446
  • 四二 一番乘を喜びし松田曹長 / 449
  • 四三 雪に埋れての潜伏斥候 / 450
  • 四四 自分の飯を捕虜將校に與ふ / 451
  • 四五 南京蟲と虱 / 456
  • 四六 木村大尉の面影 / 458
  • 四七 コサック騎兵の虐殺 / 461
  • 四八 花で散つた龜山中尉 / 463
  • 四九 偶感の一つ / 467
  • 五〇 戲作 / 470

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦記名著集 : 熱血秘史
著作者等 大竹 末吉
安川 隆治
書名ヨミ センキ メイチョシュウ : ネッケツ ヒシ
書名別名 剣と筆

血烟

Senki meichoshu
巻冊次 第6巻
出版元 戦記名著刊行会
刊行年月 昭和4
ページ数 472p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47005275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
剣と筆 大竹 末吉
血烟 安川 隆治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想