Parisotti arie antiche : for middle voice  Vol. 1. 1 ~ Vol. 3. 3

この本の情報

書名 Parisotti arie antiche : for middle voice
著作者等 Costa, Fernanda
Parisotti, Alessandro
Frisardi, Nicola
Giossi, Marzio
Beronesi, Debora
書名別名 パリゾッティ版イタリア古典歌曲集 : 中声用
シリーズ名 Italian art songs
巻冊次 Vol. 1. 1
Vol. 1. 2
Vol. 2. 1
Vol. 2. 2
Vol. 3. 1
Vol. 3. 2
Vol. 3. 3
出版元 RCA Red Seal;BMG Victor [distributor]
刊行年月 p1994
ページ数 7 sound discs
大きさ 4 3/4 in.
付随資料 leaflets (12 cm.)
NCID BA34867170
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 イタリア語
出版国 アメリカ合衆国

掲載作品

著作名 著作者名
Vol. 1. 1: 勝利だ、勝利だ! G.カリッシミ
Vol. 1. 2: 苦しいこの思いよ G.F.ヘンデル
Vol. 2. 1: おしえて下さい、愛の神よ A.デル・レウート
Vol. 2. 2: はや太陽はガンジス川にのぼり A.スカルラッティ
Vol. 3. 1: 美しきルビーの扉よ A.ファルコニエーリ
Vol. 3. 2:泣け、悲しくも、泣くことだ G.カリッシミ
Vol. 3. 3: 彼女が探し、問うたなら G.B.ペルゴレージ
ああ!恐らく私の生涯に L.ケルビーニ
ああ、私の心、お前はもてあそばれています G.F.ヘンデル
ああ私をお捨てにならないで、どうか T.トラエッタ
あたしには苦しみばかり A.スカルラッティ
あなたが私をあやめるのに A.スカルラッティ
あなたとお別れするとは、愛する王子様 D.チマローザ
あなたを愛し崇めるのが罪ならば A.スカルラッティ
あなたを愛するのをやめるなど F.ガスパリーニ
あなた様の光り輝く玉座より : 「二重唱」 L.レーオ
あの方は行ってしまった!私の心は引き裂かれる F.ブランジーニ
いとしい私の想い人よ : カロ・ミオ・ベン G.ジョルダーニ
いとしい絆よ F.ガスパリーニ
うつろな心 G.パイジェッロ
おお、わが甘き炎 C.W.グルック
おお、何というおかしな気質 A.サルトーリオ
お前たちを称えることを誇りとして G.B.ボノンチーニ
かくも素晴らしき褒美が L.ヴィンチ
こういう言葉を聞かされるのは L.ヴィンチ
これは惨めなこと、お若い人たち F.ブランジーニ
さあ、来て、助言を A.スカルラッティ
しかけた罠にあたしを捕えた P.D.パラディース
しばしば戯れに矢を放つ A.スカルラッティ
そなたと共に、そう、私も行く L.ヴィンチ
その日はいつ A.F.テナッリア
その甘く、そして楽しい喜び D.チマローザ
たとえつれなくとも A.カルダーラ
ついにお前までも私を苦しめようとてか M.A.チェスティ
つらい運命に涙はあふれ G.F.ヘンデル
どうか、もう私から隠れずに G.M.ボノンチーニ
どれほど容赦なくともすべての苦痛 G.B.ペルゴレージ
もしあなたがあたしを愛して G.B.ペルゴレージ
もしフロリンドに真があれば A.スカルラッティ
アマリッリ G.カッチーニ
ジプシー娘にご用はどなた G.パイジェッロ
一体いつ去りゆくのだ A.F.テナッリア
何か、ああ!ほんの少しのことが必要 G.スポンティーニ
何かわからぬ何かが A.ヴィヴァルディ
何と尊大ななしよう G.レグレンツィ
何の不都合になりまして、後見人様 T.トラエッタ
僕の歌に合せて喜んでくれ J.ペーリ
変えよ、変えよ、お前の望み G.B.ファゾーロ
夜よ、神秘の女神よ N.ピッチンニ
天が私を分かつのなら N.ピッチンニ
姿やさしく歌たくみな小鳥よ F.ガスパリーニ
小羊は走り来る D.サルリ
幸いにおいて常に移ろい A.ストラデッラ
心なごむ森よ A.カルダーラ
心はげまし、そして希望を! D.スカルラッティ
心穏やかにいるよう、我が最愛の女よ D.チマローザ
恋しいお方が戻ってくるころ N.ダレイラック
悲嘆にくれる孤独な未亡人となり L.ヴィンチ
愛が私の足をしばるなら A.ストラデッラ
愛するかわいい目よ A.ファルコニエーリ
愛に満ち満ちた処女マリアよ F.ドゥランテ
愛の喜び : 「伊語」 G.マルティーニ・ディ・テデスコ
愛の神よ、何を待っている G.カッチーニ
愛は私からはるか遠い G.B.ファゾーロ
愛らしく、そしていとおしい瞳よ A.ファルコニエーリ
憩え、眠れ G.B.バッサーニ
懐かしくも優しい霊よ T.トラエッタ
本当にあなた様方は私を笑わせます F.カヴァッリ
栄光と名声の獲得にむけ A.スカルラッティ
涙しつづけるがいい G.B.バッサーニ
満ち足りた歓びよ F.カヴァッリ
熱い溜め息よ R.ロンターニ
理性の光りはいつも諭す A.ストラデッラ
眠っているのか、美しき女よ G.B.バッサーニ
私、あなたがひたむきな思いと伝えます T.トラエッタ
私には苦ではない B.マルチェッロ
私のあこがれの人のもとへ M.A.チェスティ
私の命もまた奪って下さい A.スカルラッティ
私の崇める美しき神よ D.チマローザ
私の怒りん坊さま G.B.ペルゴレージ
私の愛する方が来て下さるとき G.パイジェッロ
私は、やはり、いえそれが・・・ T.トラエッタ
私はとてもしばしば行く先を変える S.ローザ
私は希望を捨てられない S.デ・ルーカ
私は心に感じる A.スカルラッティ
私を傷つけるのをやめるか A.スカルラッティ
私を死なせて C.モンテヴェルディ
私を燃え立たすその炎は B.マルチェッロ
美しい唇よ、やはりお前は口にした A.ロッティ
美しい小川が R.ロンターニ
美しき目よ、どうか、お慈悲ですから A.F.テナッリア
美しくも愛らしき目よ 作曲者不明
美しくも美しき髪よ A.ファルコニエーリ
翼を持つ愛の神よ G.カッチーニ
至上善を蔑ろにしつつ G.F.ヘンデル
花咲く野で C.モンテヴェルディ
買いたいのはどなた N.ヨンメッリ
踊れ、踊れ F.ドゥランテ
追え、追うがいい、苦悩する心よ A.ファルコニエーリ
陽の光が A.カルダーラ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想