解説搬送通信

庄司茂樹 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1章 概説 / 1
  • 1.1 搬送通信の發達 / 1
  • 1.2 搬送通信の特長 / 2
  • 1.3 搬送通信の大要 / 2
  • 第2章 眞空管 / 7
  • 2.1 熱電子現象 / 7
  • 2.2 二極管 / 8
  • 2.3 三極管 / 9
  • 2.4 四極管 / 13
  • 2.5 五極管 / 15
  • 第3章 増巾器 / 17
  • 3.1 増巾作用 / 17
  • 3.2 電力増巾 / 19
  • 3.3 増巾の三つの型 / 20
  • 3.4 多段増巾 / 22
  • 3.5 搬送増巾器の條件 / 22
  • 3.6 非直線歪 / 23
  • 3.7 安定度 / 27
  • 3.8 雜音 / 28
  • 3.9 饋還増巾器 / 30
  • 3.10 負饋還に依る特性の改善 / 33
  • 3.11 二重饋還増巾器 / 35
  • 第4章 發振器 / 38
  • 4.1 發振作用 / 38
  • 4.2 發振の條件と周波數 / 38
  • 4.3 發振の平衡 / 41
  • 第5章 變調器及び復調器 / 43
  • 5.1 變調及び復調 / 43
  • 5.2 振巾變調 / 43
  • 5.3 兩側帶波及び單側帶波通信方式 / 45
  • 5.4 眞空管變調器及び復調器 / 45
  • 5.5 金屬變調器及び復調器 / 47
  • 5.6 リング變調器及び復調器 / 49
  • 5.7 搬送波の漏洩 / 52
  • 5.8 多重變調及び群變調 / 52
  • 第6章 濾波器 / 54
  • 6.1 概要 / 54
  • 6.2 四端子回路網 / 55
  • 6.3 T型及びπ型回路 / 61
  • 6.4 定K型濾波器 / 63
  • 6.5 誘導M型濾波器 / 70
  • 第7章 通信用變成器 / 75
  • 7.1 變成器の用途 / 75
  • 7.2 變成器の作用 / 75
  • 7.3 變成器の等價回路 / 77
  • 7.4 三卷線變成器 / 79
  • 第8章 等化器 / 81
  • 8.1 等化器の必要性 / 81
  • 8.2 定抵抗等化器 / 81
  • 8.3 饋還等化器 / 83
  • 第9章 信號器 / 84
  • 9.1 概要 / 84
  • 9.2 選擇法に依る信號方式 / 85
  • 9.3 抑壓法に依る信號方式 / 86
  • 9.4 信號周波數の選定 / 86
  • 第10章 搬送電信の理論 / 88
  • 10.1 動作概要 / 88
  • 10.2 搬送周波の割當 / 89
  • 10.3 送信變調及び受信復調 / 91
  • 10.4 搬送電源 / 92
  • 第11章 無裝荷ケーブル用音聲電話裝置 / 94
  • 11.1 裝置の概要 / 94
  • 11.2 五極眞空管 / 95
  • 11.3 信號器 / 98
  • 11.4 音聲増巾器 / 101
  • 11.5 線路濾波器 / 103
  • 第12章 無裝荷ケーブル用搬送電話裝置 / 105
  • 12.1 裝置の概要 / 105
  • 12.2 變調器及び復調器 / 106
  • 12.3 搬送増巾器 / 107
  • 12.4 搬送電流供給裝置 / 111
  • 第13章 裸線用搬送電話裝置 / 116
  • 13.1 裝置の概要 / 116
  • 13.2 搬送周波の割當 / 117
  • 13.3 搬送増巾器 / 118
  • 13.4 其の他の機器 / 122
  • 第14章 搬送電信裝置 / 124
  • 14.1 裝置の概要 / 124
  • 14.2 送信回路 / 124
  • 14.3 受信回路 / 126
  • 14.4 直流電信回路 / 127
  • 14.5 通信監視裝置回路 / 128

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 解説搬送通信
著作者等 庄司 茂樹
書名ヨミ カイセツ ハンソウ ツウシン
書名別名 Kaisetsu hanso tsushin
出版元 理工図書
刊行年月 昭和23
ページ数 129p
大きさ 21cm
NCID BA47278401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46018260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想