忠烈美譚

赤堀又次郎 著

[目次]

  • 目次
  • 血染の御服 / 1
  • 貴き模範 / 8
  • 荒莚の御座 / 11
  • 艦橋の英姿 / 16
  • 東郷大将 / 27
  • 友誼同胞の如し / 31
  • 山中に格闘す / 34
  • 骨を砕きて弾薬とせよ / 37
  • 名将たるべき器 / 39
  • 健児団の苦戦 / 43
  • 敵将を生擒す / 47
  • 髣◇として梅田◇浜 / 49
  • 愛の権化 / 51
  • 驚愕すべき任務の遂行 / 54
  • 断膓月下の笛 / 56
  • 一等卒敵将と雨中に戦ふ / 59
  • 異様なる狂者乎 / 61
  • 一将校敵の勇を称す / 64
  • 包囲軍の花役者 / 66
  • 高崎聯隊の代表者 / 68
  • 無常迅速 / 72
  • 散兵壕の花火見物 / 74
  • 活きたる哀詩 / 79
  • 珍奇なる訣別 / 81
  • 手廉へ薄し / 83
  • 夢鉄放士 / 86
  • 群童花束を捧ぐ / 87
  • 醜草刈り / 89
  • 矮小士官 / 90
  • 活きたる二十四孝 / 92
  • 玉突大尉 / 93
  • 精神的武人の好◇ / 94
  • 軍人を慕ふ于供心 / 99
  • 短躯捧呈 / 102
  • 日本男子の特色 / 103
  • 軍人の露文随筆 / 105
  • 一隊の安危を双肩に担ふ / 108
  • 剣尖相摩の戦 / 109
  • 激戦中の日記 / 112
  • 権五郎少尉 / 113
  • 従卒の殉難 / 114
  • 最後の一人斃るるまで / 116
  • 日本武士の典型 / 120
  • 非戦闘員の勇戦 / 122
  • 敵を◇賞す / 125
  • 樺太の華 / 127
  • 陣中の遺言状 / 130
  • 貴公子の双美 / 132
  • 禅味ある一将校 / 134
  • 笑つて敵の銃刑を受く / 137
  • 病を胃して出発す / 140
  • 一字一涙 / 142
  • 行先は別格官幣社 / 144
  • 路上に拾へる終生の知己 / 146
  • 砲弾の下に自若たり / 149
  • 一刀十三人を斬る / 150
  • 馬丁たりとも軍国男子 / 151
  • 明治の佐々木高◇ / 153
  • 戦塲にありとは申されず / 155
  • 杖に縋りて指揮を執る / 158
  • 荘絶無比なる抜刀隊長 / 159
  • 千秋の恨事 / 161
  • 今◇盛 / 163
  • 狼穽に入りて鉄条網を切る / 165
  • 活きたる孝子伝 / 168
  • 詩人少尉 / 171
  • 手を以て脱膓を抑ふ / 173
  • 敵我の宏量を学ぶ / 174
  • 無き腕痛し / 178
  • 割腹の手本 / 180
  • 激戦中の立食 / 182
  • 赤誠の◇衣 / 185
  • 全村の出征者悉く死傷 / 186
  • 軍旗を三分して◇る / 187
  • 誠忠なる二水兵 / 190
  • 臨終の追分節 / 192
  • 沈没艦に対する敬礼 / 193
  • 英村空しく災禍に◇る / 195
  • 毛髪立つの思ひあり / 198
  • 瀕死の従卒中尉索ぬ / 200
  • 決死隊の二勇士 / 204
  • 血書の志願 / 200
  • 虎児を得んとして虎穴に入る / 211
  • 奇なる勇将 / 214
  • 人力以上 / 216
  • 剣客少尉 / 219
  • 壮烈無比なる四勇兵 / 221
  • 戦地の露となるばかり / 224
  • 不磨の好訓 / 225
  • 除外例なる砲兵大佐 / 228
  • 勇士軍神の墓前に泣く / 229
  • 唯軍旗あるのみ / 230
  • 講堂の油絵 / 232
  • 題目の◇巻 / 234
  • 陛下の万歳を鳴べて瞑目す / 238
  • 首途の一曲 / 239
  • 憤死せる須知中佐 / 241
  • 勇士の愛 / 243
  • 四聯隊を背負つて立つ / 245
  • 艦上の◇振り / 247
  • 沈勇なる大尉 / 249
  • 戦死の祝ひ / 251
  • 商売瞑利の負傷 / 252
  • 名誉の聯隊旗手 / 254
  • 唯◇重輸卒一人のみ / 256
  • 慈壮なる白〓隊 / 257
  • 必ず高地を占領せよ / 259
  • 尊敬すべき鍛冶工 / 262
  • 涙胆き中尉 / 264
  • ◇夫にして◇妻あり / 266
  • 負けじ魂 / 270
  • 坐食の徒何の顔容がある / 275
  • 城下の誓を為さん / 276
  • 万緑◇中紅一点 / 278
  • 落第の秀才 / 281
  • 天成の軍人 / 283
  • 万感りて万歳を得◇はず / 284
  • 勇猛なる年少士官 / 287
  • 三度目に斃る / 289
  • 今弁慶 / 291
  • 万死を◇して任務を遂ぐ / 292
  • 聖恩に感泣す / 295
  • 戦死を聞いて兄の改心 / 297
  • 月下の別盃 / 300
  • 同胞に面目無し / 302
  • 類なき幸運 / 305
  • 陣歿せる従軍記者 / 307
  • 時宗の墓側に葬れ / 309
  • 孤身三十の敵と戦ふ / 310
  • 情誼厚き特務曹長 / 313
  • 統口火を発し弾丸尽きんとす / 314
  • 胸中自ら風月あり / 319
  • 強勇無双 / 321
  • 遺憾の極哀悼の極 / 323
  • 〓憤積日時到る / 325
  • 右腕を失ふも猶屈せず / 327
  • 飄逸なる一中尉 / 329
  • 感状を受くる事三回 / 332
  • 今の少将昔は巡査 / 333
  • 一家の惨話 / 336
  • 武門の四人兄弟 / 338
  • 遼東還附の日を知れりや / 342
  • 僅に面目を回復致侯 / 344
  • 戦地の御伽噺 / 350
  • 磊落と細心 / 353
  • 万死を冒して伝令 / 355
  • 第二の軍神 / 357
  • 手向の大津絵節 / 360
  • 凄風◇◇鬼気寒し / 363
  • 洒洒磊磊たる好丈夫 / 369
  • 腹背に敵火を受く / 371
  • 木村長門の故智に倣ふ / 373
  • 敢へて功を誇らず / 377
  • 一騎兵の露艦捕獲 / 379
  • 香気ある桜花 / 383
  • 皇軍勝利の瑞祥 / 386
  • 眼中敵艦無し / 388
  • 凄惨なる活画 / 389
  • 閉塞隊の一勇士 / 391
  • 生還を期せず / 393
  • 風流大尉 / 395
  • 白骨に金◇動章 / 397
  • 自殺の方法を教ふ / 398
  • 父の敵 / 400
  • 戦況を地下にて / 402
  • 生死の摂理 / 403
  • 脱靴せざる事廿余日 / 405
  • お忘れ物返却申す / 407
  • 稀有の航海家 / 409
  • 念頭自己無し / 410
  • 二勇士 / 412
  • 生死の祝宴 / 414
  • 水汲の決死隊 / 417
  • 単艇セバストボリを襲撃す / 419
  • 長兄を馭者に次兄を馬丁に / 421
  • 欽仰すべき将軍 / 424
  • 一粒択りの古荘 / 427
  • 人間以上の胆力 / 430
  • 一兵能く数万の筏を奪ふ / 432
  • 鮮血一山を染む / 433
  • 片岡艦隊の殊功 / 436
  • 梅沢枝隊の意気を見よ / 438
  • 名騎手斃る / 443
  • 激戦中の酒宴 / 446
  • 血染の地図 / 448
  • 一中隊の捕虜一万五千人 / 449
  • 十度生れて敵を滅せ / 452
  • 戦捷の基礎を作る / 454
  • 部下の為めに死す / 455
  • 胆勇にして奇智あり / 457
  • 武士の守法 / 459
  • 綿綿として余裕あり / 461
  • 銃剣を右に経典を左に / 462
  • 吐血数回猶ほ指揮を執る / 465
  • 大海戦刹那の琵琶 / 468
  • 実戦実話
  • 軍国物語

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 忠烈美譚
著作者等 赤堀 又次郎
書名ヨミ チュウレツ ビダン
出版元 東京国民書院
刊行年月 明42.3
ページ数 592, 159p
大きさ 22cm
NCID BA39683517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40014429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想