実験計画法大要

増山元三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 1. 推計學の系譜 / 1
  • 2. 推計學の構成と基礎概念 / 4
  • 3. 平均値の一樣性,級間變動と級内變動 / 10
  • 4. 亂塊法(交互作用) / 15
  • 5. 要因分析法,誤差項の選び方 / 18
  • 6. 三因子計畫法で繰返しのある場合,自由度の割當て方,擬處理法 / 26
  • 7. ラテン方格法,反複ラテン方格法 / 33
  • 8. 相關分析法の基礎の考え / 39
  • 9. 要因分析法に對する相關分析法の應用 / 42
  • F-表2) / 46
  • つけたし
  • 10. 定義と解説 / 48
  • 11. 母集團の型 / 65
  • 12. 型の想定例,離散型の見分け方 / 70
  • 13. 適合度檢定法 / 83
  • 14. 母數推定法(一點法と區間法),致死量檢定法 / 85
  • 15. 棄却限界 / 93
  • 16. 變換法 / 95
  • 17. 假説の檢定 / 98
  • 18. 標本分布 / 100
  • 主な雜誌 / 105
  • 參考書と綜説 / 105
  • 追加文献 / 108
  • 3‐1 Behrensの檢定法 / 111
  • 7‐1 分割實驗法 / 111
  • 7‐2 交絡法 / 113
  • 7‐3 自由度1の變動の計算法,直交性 / 115
  • 7‐4 準要因分析法 / 126
  • 7‐5 釣合い型不完備型計畫法 / 133
  • 11‐1 巡回型分布 / 137
  • 12‐1 確率成長法則 / 138
  • 14‐1 致死量の檢定 / 141
  • 15‐1 棄却檢定法 / 141
  • 索引 / 142

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実験計画法大要
著作者等 増山 元三郎
書名ヨミ ジッケン ケイカクホウ タイヨウ
出版元 学術図書出版社
刊行年月 1950
版表示 増補改訂版 再版
ページ数 147p
大きさ 22cm
NCID BB13904254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50000414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想