欧洲中世経済史

クーリシエル 著 ; 渡辺鼎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 中世初期(ケーザルより十一世紀迄)經濟生活の一般的性質 / 1
  • 第一章 農業狀態 / 4
  • 文献資料と一般的著述 / 4
  • 第一節 ケーザル及びタキツス時代迄の農業狀態 / 17
  • 第二節 マルク共同團體 / 27
  • 第三節 始原的土地總有權の學說 / 36
  • 第四節 莊園の成立とその發達 / 40
  • 第五節 莊園の組織 / 58
  • 第二章 工業、商業、及び交通 / 72
  • 文献資料と一般的著述 / 72
  • 第六節 工業 / 77
  • 第七節 商業と交通 / 90
  • 第二編 中世中期及び後期(十二世紀より十五世紀迄)經濟生活の一般的性質 / 111
  • 第一章 農業狀態 / 118
  • 文献資料と一般的著述 / 118
  • 一、莊園制度と農民階級 / 128
  • 第八節 土地所有權分配。Villikationenの解體。貨幣經濟と交換經濟への推移 / 128
  • 第九節 農民負擔の輕減 / 137
  • 第十節 莊園領主の讓步原因 / 149
  • 二、中世末期に於ける農民と百姓一揆 / 158
  • 第十一節 伊太利の都市共和國 / 158
  • 第十二節 英國 / 160
  • 第十三節 西班牙 / 170
  • 第十四節 フランス / 171
  • 第十五節 獨乙 / 177
  • 三、農業 / 184
  • 第十六節 農業。農民の生活 / 184
  • 第二章 ツンフト制度と工業制度 / 189
  • 文献資料と一般的著述 / 189
  • 第十七節 都市 / 202
  • 第十八節 ツンフトの成立 / 217
  • 第十九節 ツンフト規約 / 230
  • 第二十節 都市市場の定義とツンフト平職人階級 / 250
  • 第二十一節 家内工業の起原 / 255
  • 第二十二節 鑛業 / 263
  • 第三章 商業と貿易 / 269
  • 文献資料と一般的著述 / 269
  • 第二十三節 通商路、商業都市及びメツセ / 274
  • 第二十四節 中世商業の目的、範圍、特質及び形式 / 300
  • 第二十五節 中世の商業組織 / 327
  • 第二十六節 交通制度 / 349
  • 第四章 貨幣と信用 / 366
  • 一般的著述 / 366
  • 第二十七節 貨幣制度と鑄貨制度 / 370
  • 第二十八節 貨幣取引 / 385
  • 第二十九節 信用 / 392

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 欧洲中世経済史
著作者等 Kulisher, I. M.
Kulisher, Iosif Mikhailovich
渡辺 鼎
クーリシエル
書名ヨミ オウシュウ チュウセイ ケイザイシ
書名別名 Oshu chusei keizaishi
出版元 中文館書店
刊行年月 1934
ページ数 409p
大きさ 23cm
NCID BN08725567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54013950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想