黒衣夫人の香り

ガストン・ルルウ 著 ; 日影丈吉 訳

[目次]

  • 目次
  • 第一部 生きている幽霊
  • 1 たいがいの小説が終るところから始まる / 11
  • 2 ジョゼフ・ルウルタビイユの気紛れをあげつらう / 20
  • 3 その香り / 25
  • 4 途にて / 35
  • 5 恐怖の出現 / 46
  • 6 ヘラクレスの砦 / 61
  • 7 エルキュール砦を攻撃から守るためルウルタビイユがとつた処置とは / 74
  • 8 ジャン・ルッセル・ラルサン・バルメイエに関する伝記的考証 / 90
  • 9 ボブ爺ちやん不意に帰る / 96
  • 10 十一日という日 / 108
  • 第二部 謎の半島
  • 1 角塔の襲撃 / 138
  • 2 ありうるべからざる死体 / 146
  • 3 ルウルタビイユの恐怖が不安な均衡を取る / 157
  • 4 馬鈴薯の袋 / 173
  • 5 夜の溜息 / 186
  • 6 「オーストラリア」発見 / 192
  • 7 ボブ老人の恐るべき冒険 / 202
  • 8 真昼は恐怖の王 / 208
  • 9 ルウルタビイユは鉄扉を閉させる / 217
  • 10 「余分な人体」の可能に関する有形的証明 / 223
  • 大団円
  • あとがき / 267

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 黒衣夫人の香り
著作者等 Leroux, Gaston
日影 丈吉
ガストン・ルルウ
書名ヨミ コクイ フジン ノ カオリ
シリーズ名 世界探偵小説全集
出版元 早川書房
刊行年月 1957
ページ数 269p
大きさ 19cm
全国書誌番号
57004941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想