技術経済学  (中卷)

E.レーデラ 著 ; 高山洋吉 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯序 / 1
  • 發行者序 / 3
  • 原著者序 / 7
  • 要約 / 17
  • 戰前に於ける[經濟]的成長 / 17
  • 一九一四年の變化 / 22
  • 經濟問題としての技術的進步 / 24
  • 動態的過程と收益の遞增 / 25
  • 「發明」の影響 / 28
  • 調和的に生長する制度の中に於ける技術的進步-補償の過程 / 31
  • 景氣經過の内部に於ける技術的進步の影響 / 39
  • 資本を節約する技術的進步 / 43
  • 計畫經濟は如何にして「技術的進步」を除くか-資本主義的制度にとつての歸結 / 44
  • 特殊的硏究のための刺戟 / 50
  • 第一章 技術的進步の諸形體 / 53
  • 產業革命前の技術的進步 / 53
  • 發明と技術的進步-その影響の差異 / 55
  • 發明によつて招致された經濟的生長 / 61
  • この生長の貨幣面 / 65
  • 鐵道及び自動車-その影響の比較 / 69
  • 自主的な發明と誘致された發明 / 72
  • 資本を節約する發明及び勞働を節約する發明 / 75
  • 發明の結果としての經濟的生長の過程-經濟的伸張のための他の原因 / 77
  • (a)外國貿易 / 81
  • (b)要求目盛に於ける變化 / 85
  • 第二章 技術的失業の槪念 / 90
  • 失業一般の一部としての技術的進步による排除 / 90
  • 「技術的失業」の定義 / 95
  • 一九一四年以前及び現在の時期に於ける快速なる技術的進步、-二、三の統計的事實の硏究 / 96
  • 技術的失業の見積の試み / 104
  • 第三章 收益遞增と收益遞減 / 110
  • 個々の商會及び全體として見た經濟組織に於ける收益 / 110
  • 物的收益と價値收益 / 112
  • 工業に於ける收益遞增 / 116
  • 收益遞減の法則と歸屬問題 / 119
  • 能力豫備と收益法則 / 124
  • 價値收益遞減の原因としての、生產要因の誤れる配分 / 132
  • 收益を遞減させるその他の原因 / 134
  • 總生產の收益遞減についての統計的データ / 136
  • 收益遞減と不況時に於ける適應の過程 / 142
  • 總生產の收益遞減 / 144
  • 收益の遞增と歸屬 / 146
  • 一つの動態的組織に於ける發展と「均衡」 / 150
  • 第四章 勞働市場に於ける均衡 / 154
  • 第一節 靜態的組織に於ける均衡 / 154
  • 靜態的組織の樞軸としての均衡槪念 / 154
  • 均衡は一切の要因の使用を含んではゐない / 157
  • 第二節 動態的組織中の勞働市場に於ける均衡 / 169
  • 動態化諸要因 / 169
  • 調和せる動態的組織 / 173
  • 動態的組織に於ける技術的進步 / 175
  • 動態的組織の基本槪念としての生長 / 177
  • 動態的組織の要件としての豫備 / 181
  • 第三節 動態的組織に於ける失業者の吸收 / 185
  • A 自由競爭の下に於ける收益の遞減 / 186
  • 費用の遞增は生長過程を妨げる / 186
  • 勞働供給の增大と個々の商會に於ける狀態 / 188
  • 資本と勞働との間の關係の變化 / 194
  • 勞働供給の增大と一工業内の狀態 / 199
  • 收入配分が賃銀抵下の作用に及ぼす影響 / 222
  • 賃銀の低下と投資の低減 / 226
  • 賃銀低下が建築活動に及ぼす特別の影響 / 228
  • 賃銀低下が消費者の心理に及ぼす影響 / 229
  • 賃銀低下と僕婢の仕事 / 231
  • 賃銀低下と商業 / 233
  • 要約 / 234
  • B 獨占及びカルテルの下に於ける收益遞減 / 236
  • C 自由競爭の下に於ける收益遞增 / 241
  • 費用低減の情勢の記述 / 242
  • 自由競爭の下に於ける最大の生產量 / 246
  • 收益遞增の貨幣的見込み / 247
  • 費用低減の下に於ける適應の過程 / 249
  • D 費用の低減と獨占 / 254

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 技術経済学
著作者等 Lederer, Emil
高山 洋吉
E.レーデラ
書名ヨミ ギジュツ ケイザイガク
巻冊次 (中卷)
出版元 科学主義工業社
刊行年月 1942
ページ数 3冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
53011635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想