日本法制史要講

細川亀市 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 久離及び勘當の沿革 / 1
  • 一 緖言 / 1
  • 二 上代法 / 3
  • 三 中世法 / 7
  • 四 近世法 / 13
  • 五 結言 / 17
  • 第二 日本舊時代の土地所有權 / 19
  • 一 所有權の歷史性 / 19
  • 二 古代の土地所有權 / 24
  • 三 律令時代の土地所有權 / 29
  • 四 庄園時代の土地所有權 / 35
  • 五 德川時代の土地所有權 / 42
  • 六 舊時代的土地所有權の性格 / 51
  • 第三 地券の史的觀察と法律的性質 / 55
  • 一 土地所有權と地券 / 55
  • 二 地券の史的觀察 / 59
  • 三 地券の法律的性質 / 67
  • 第四 本邦破產制度の沿革 / 73
  • 第一章 破產制度の概念 / 73
  • 第二章 破產制度の成立前期 / 80
  • 第一節 上代 / 81
  • 第一項 上古 / 81
  • 第二項 中古 / 84
  • 第二節 中世 / 90
  • (1) 公的執行 / 92
  • (2) 私的執行 / 94
  • 第三章 破產制度成立期 / 99
  • 第一節 强制執行(身代限) / 100
  • 第二節 破產(分散) / 109
  • 第四章 破產制度發達期 / 113
  • 第一節 緖言 / 113
  • 第二節 慣習法 / 114
  • 第三節 成文法 / 126
  • 第五章 破產制度の法律文化的意義 / 162
  • 第五 本邦都市法制の沿革 / 169
  • 一 都市法制の起源 / 169
  • 二 繼受法時代 / 171
  • 三 固有法時代 / 178
  • 四 本邦都市法制の特色 / 188
  • 第六 本邦拷問制度の沿革 / 191
  • 一 緖言 / 191
  • 二 上代及び中世の拷問制度 / 194
  • 三 近世の拷問制度 / 212
  • 四 若干の批判的考察 / 226
  • 第七 德川時代の刑罰論 / 233
  • 一 近世刑罰論の趨向 / 233
  • 二 初期および中期の刑罰論 / 235
  • 三 後期における儒學者の刑罰論 / 240
  • 四 批判的刑罰論の擡頭 / 250
  • 五 刑罰論における新時代の開展 / 260
  • 第八 獄制史四題 / 265
  • 一 水戶藩の牢屋制度 / 265
  • 二 常陸の人足寄場雜考 / 276
  • (1) はしがき / 276
  • (2) 人足 / 278
  • (3) 開墾 / 281
  • (4) 釋放 / 283
  • (5) 餘論 / 292
  • 三 明治前期の北海道集治監 / 293
  • (1) はしがき / 294
  • (2) 創設 / 295
  • (3) 作業 / 300
  • (4) 賞罰および敎誨 / 305
  • (5) 刑務官の裁判 / 309
  • (6) 釋放、逃亡および死亡 / 310
  • (7) 結言 / 311
  • 四 明治前期の北海道集治監續考 / 313
  • (1) はしがき / 313
  • (2) 樺戶集治監 / 313
  • (3) 空知分監 / 323
  • (4) 釧路分監 / 329
  • (5) 網走分監 / 334
  • 第九 明治初期の刑事訴訟法制の發達 / 337
  • 一 緖言 / 337
  • 二 法庭規則 / 341
  • 三 斷獄則例 / 347
  • 四 綜合考察 / 356

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本法制史要講
著作者等 細川 亀市
書名ヨミ ニホン ホウセイシ ヨウコウ
出版元 時潮社
刊行年月 1941
ページ数 360p
大きさ 22cm
NCID BN15734681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53009224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想